左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中規模生産者向けにんじん収穫機に新シリーズ 井関農機2020年3月27日

一覧へ

 井関農機は、中規模生産者向けのにんじん収穫機の新シリーズ「VHC114」を発売した。

VHC114シリーズ VHC114シリーズは、収穫されたにんじんの仕上がり性能や使いやすさで好評だったVHC1120シリーズをモデルチェンジした。新機能として、従来モデルで好評の手動車体水平補正機能に自動モードを追加し、従来の十字操舵に加え、斜め方向の操舵もできるようになった。また、従来モデルでは、機体の前方側のみにあったフレコンバックの荷下ろしが、機体後方側でも可能に。同時にフレコンバック着脱を簡易化し、搬送コンベアの一時停止機能などより使い勝手がよくなった。

 さらに、掘り取り速度を現行機比11%の0.94m/sに向上。より広い収穫面積でも高能率で作業できる。

 価格は、野菜コンテナ積載の「VHC114S」は334万4000円、野菜コンテナ積載で自動車体水平機能付きの「VHC114R」は363万円、200kgフレコンバックと自動車体水平機能付きの「VHC114RF」は368万5000円。いずれも税込。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る