Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業課題解決へ、若手エンジニア支援プログラムで17歳の企画を採択 ラック2020年4月24日

一覧へ

 社会の基盤システムの開発などを行うラック(東京都千代田区)は、ITに関する突出した技術力やアイデアを持った若者を支援するITスーパーエンジニア・サポートプログラム「すごうで」の2020年度採択プロジェクトに高専生の原田そらさんが提案する「手のひらから、はじまる農業。市民農園支援プラットフォームGamifyAgriの開発」を決定した。

提案者の原田そらさん採択されたプロジェクト提案

 7件の応募の中から選ばれた原田さんの提案は、「スマートフォンアプリを活用し普段農業に触れることのない人々と農業を結びつけ、市民農園支援プラットフォームをつくること」を目標とするもの。

 日本の農業や地域社会が抱える人手不足、耕作放棄地などの課題解決という目標が明確かつ具体的で社会への貢献が期待される。さらにアプリによって関心のなかった人々を巻き込むために、「ヒト・モノ・コト」が出会うコミュニティ形成を促すなどのエンターテインメント的要素を加えている点などが評価された。

 同社は2020年度中、原田さんがめざす市民農園プラットフォームの開発とビジネス開発にあたり、エンジニアからメンターを選任し、必要な技術的助言を行うほか、希望するコンピュータサイエンス関連の研修受講、事業化の活動などに要する費用を、最大100万円まで支援する。また、ビジネス化に向けたさまざまな相談に乗り、計画の実現に向けてサポートする。

 「手のひらから、はじまる農業。市民農園支援プラットフォームGamifyAgriの開発」の詳細は、同社のウェブサイト「LAC WATCH」で紹介している。

 
【手のひらから、はじまる農業。市民農園支援プラットフォームGamifyAgriの開発】

提案者の原田そらさん提案者の原田そらさん

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る