左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水稲農家へのアグリテック検証・実証請負サービス開始 笑農和2020年5月29日

一覧へ

農業コンサルタントの笑農和(富山県滑川市)は6月1日、農家への最先端アグリテック関連企業の製品・サービスを指定のほ場に導入し、その成果を検証するサービスを開始。これに参加する水稲農家向けアグリテック製品の技術検証を依頼したい企業と富山県内の協力農家を募集する。

実証農家とアグリテックメーカーの連携イメージ実証農家とアグリテックメーカーの連携イメージ

同サービスは、新規参入のアグリテック製品の普及を進めたい企業と、IoT製品を導入し作業効率UPを図りたい農家とを橋渡しの役割を担う。IoT製品の使用に長けた専門業者がサービスを実証・検証し、企業にフィードバックすることで、企業側はよりよい製品にバージョンアップでき、農家側は導入コストの負担ゼロで製品を試すことが可能となる。

アグリテック製品の課題は、実際のほ場や畑で利用した時に天候や使用状況など様々な環境でトラブルが起きること。同社はこれまで6年以上の経験の中で、実際のほ場でどれだけ使いこんで検証できるかが、今後アグリテック製品の普及を進める上でのポイントになると感じている。そこで、この工程を支援することにより、本当によい製品ができ、アグリテック業界を底上げすることをめざし同サービスを始めた。

募集する水稲関連のアグリテック企業は、水上ドローン播種、アシストスーツ、液肥制御/自動肥料制御、衛星データ活用、生育ムラセンシング、無人コンバイン、超獣害対策、水田水耕栽培など。なお、初年度は富山県内の2つの実証農家から始め、新規募集は行わない。

 
<参考>初年度導入農家
富山県中新川郡立山町▽富山県中新川郡立山町
(水稲)作付け面積14ha、有機栽培
 

 

富山県下新川郡朝日町▽富山県下新川郡朝日町
(水稲)作付け面積65ha、慣行栽培、有機栽培

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る