想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農業生物製剤市場」タイプ別、作物の種類別などグローバルな需要を分析2020年9月29日

一覧へ

Research Nester Private Limitedは9月24日 、調査レポート「農業生物製剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」を発刊した。

「農業生物製剤市場」タイプ別、作物の種類別などグローバルな需要を分析

同レポートは、農業生物製剤市場を、タイプ別(生物農薬、生物刺激物質、生物肥料)、ソース別(微生物、生化学、その他)、適用方法別(葉面散布、土壌処理、種子処理など)、作物の種類別(穀類、穀物、油糧種子、豆類、果物、野菜、その他)によって分割し、グローバルな需要を分析している。2020~2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調。さらに、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供している。
レポートの概要は次の通り。

生物学的農業は、経済的かつ環境的に持続可能な農業生産システムで、作物処理のための安全な製品の使用を促進している。これは、生態学的に有害な影響を最小限に抑え、再生不可能な天然資源を使用することによって達成される。
農業生物製剤は、植物、動物、微生物などの自然源に由来する生化学物質または微生物で、比較的安全であると考えられている。作物に残留物を残さず、作物の全体的な肥沃度と生産性を高めることができる。農業生物製剤市場は、2020~2028年の予測期間中に高いCAGRを観察することが期待されている。

有機食品への需要の高まりが有機農業の世界的な増加へ

レポートでは、農業生物製剤は、世界的な有機製品の需要の高まりに応えるために重要な役割を果たすと予想。農薬の過剰使用による環境の悪用で、生物由来製品の需要が高まっている。このテクノロジーは、作物の保護と収穫量の増加に限定されるだけでなく、持続可能な農業と土壌肥沃度の長期維持を保証。さらに、作物保護成分と作物栄養素製品の開発における主要な国際市場プレーヤーによる投資機会の増加も、予測期間中の市場成長に大きな利益をもたらすと予想される。

農業部門は、すべての企業に停止を強いる新型コロナウイルス(COVID19)の発生による影響はほとんどない。しかし、作物の栽培と灌漑は、パキスタン、インド、南アフリカ、中国などの発展途上国、特に農業セクターがGDPの主要な貢献者の一つであるインドで生き残ってきた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る