Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

センサー不要で導入可能な収穫量予測システム開発 ベジタリア×オーガニックnico2021年3月3日

一覧へ

ベジタリア(株)と(株)オーガニックnicoは、センサー不要で導入が可能な施設栽培用収穫量予測システムを共同で開発。第一弾として施設栽培トマト用収穫予測システムの運用を開始した。

センサー不要で導入可能な収穫量予測システム開発 ベジタリア×オーガニックnico

収穫量予測システムは、作物の生育シミュレーションを元に「いつ」「どれだけ」収穫できるかの予測を、センサーを使うことなく算出するウェブサービス。ハウス内の温度や一枚一枚の葉に当たる光量を、所在地に紐づけられた気象データから、独自のアルゴリズムでハウス内気象データに自動変換し、葉に当たる光量と温度条件を元に光合成量と果実の成熟を計算し収穫量を予測する。

標準的な収穫量を予測するだけでなく、作付け条件やハウスの環境設定条件を変えるだけで収穫量をシミュレーションできる。収穫期に作物の観察データを入力することで、生産者自ら直近の精度を補正していくことができるため、より具体的な収穫量予測を行うことが可能となる。

両社は2018年から収穫量予測システムの開発を共同で推進。収穫量予測システムが導き出す栽培現場に即した具体的で精緻な収穫量のシミュレーションにより、具現的な栽培計画や出荷計画を策定でき、戦略的な農業経営の一助となることをめざしている。また、同システムの運用開始にあたり、施設栽培トマト用収穫予測システムのテストユーザーを募集している。

収穫量予測システム開発

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る