Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ドローンで白鷺の追い払い検証 茨城県つくば市で実施 JOGA2021年7月29日

一覧へ

株式会社JOGA(茨城県つくば市)は、茨城県つくば市内でドローンを用いた白鷺の追い払い検証実験を実施した。

実証実験では、スピーカーを搭載したドローンで「白鷺」の追い払いを試みた実証実験では、スピーカーを搭載したドローンで「白鷺」の追い払いを試みた

つくば市内の雑木林では、白鷺が大量繁殖し、近隣ではフンによる悪臭の被害や車や建物の汚れの被害が発生。また不気味な鳴き声が一晩中鳴り響き、近隣住居に被害を及ぼしている。

鳥獣保護法では、"罪のない"野鳥を撃ってはいけないという大前提があり、巣を作るだけの鷺の駆除は難しく、繁殖中はヒナがたくさんいるため、この観点から駆除することができない。また、白鷺の1種である「チュウサギ」は準絶滅危惧種のため駆除は難しい。こうした状況から「駆除」ではなく「追い払い」の実現が求められている。

検証実験では、鳥類の嫌がる音の発生するスピーカーとレーザーをドローンに搭載し、白鷺が繁殖している雑木林に向けて音声と光点を発生させることにより白鷺の追い払いを試みた。その結果、ドローンに搭載されたスピーカーから音を発生させると、特定のドローン飛行ルートと、特定のスピーカーの音が発生する際に複数の白鷺が飛び立つ様子を確認。ドローンのプロペラ音、ドローン自体の接近、スピーカー音の全ての要素が複合的に効果を発揮し、白鷺が退避したと考えられる。

また、2回目のレーザーによる検証では、雑木林の木々などに光が当たると、外敵を察したかのような動きを見せる事も検証で確認。白鷺の追い払いに最適なドローンの高度や飛行ルート、スピーカー音量や音の種類、光の角度や光度を同検証結果から導き出すことができた。

今後は、ドローンとスピーカー、ドローンとレーザー光機材に更なる改良を加え、さらに効果的な白鷺対策ドローンの開発を進めていく。つくば市環境保全課は、「被害を受けている近隣市民の声に応えるためその手法に頭を抱えていた。ドローンによる新たな対策措置や検証に期待する」とコメントしている。

つくば市内の雑木林に白鷺が大量繁殖つくば市内の雑木林に白鷺が大量繁殖

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る