Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業用生物製剤市場 2021年から2026年まで12.7%のCAGRで成長見込み2021年7月29日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは7月26日、市場調査レポート「農業用生物薬剤市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を開始した。

同レポートによると、農業用生物製剤市場は、2020年に81億米ドルの規模に達した。2021年から2026年の間に市場は12.7%の年平均成長率(CAGR)で成長すると予想されている。

農業用生物製剤は、微生物や昆虫などの有機物や、植物や動物の抽出物から得られる植物保護製品で、害虫や雑草、病気から作物を守り、栄養分の取り込みやすくして、収穫量を増やすために土壌に施用される。そのほか、残留物や抵抗力の管理、ミネラルや微生物のバランスの回復、土壌の炭素量や保水力の増加などの効果がある。今日では、農業用生物製剤は、土壌の物理的、生物的、化学的側面のバランスを維持するために、総合的害虫管理(IPM)の不可欠な要素として使われている。

市場の動向及び成長要因

急速な人口増加に伴い、耕作可能な土地は著しく不足しており、農業関連製品の需要も同時に増加。これは、世界的に農業用生物製剤の販売に影響を与えている重要な要因の一つで、さらに化学肥料の有害性に対する意識の高まりで、有機食品の需要が高まっている。また、土壌の健康、農業の持続可能性、環境安全への関心が高まっていることから、農家の間で農業用生物製剤の導入が進んでいる。さらに、いくつかの政府機関や非営利団体(NGO)は、現代の農業慣行の多様性をサポートするため、農業用生物製剤の使用を奨励。この他にも、有機栽培と慣行栽培の両方の作物生産システムにおいて農業用生物製剤が持つ多彩な機能や、大手企業による研究開発プロジェクトへの投資が増加していることも、市場をさらに押し上げる要因になると考えられる。

主要な市場区分

農業用生物製剤市場は、タイプ、ソース、適用形態、用途、地域に基づいて分類される。

◎タイプ別の内訳
バイオ農薬
バイオ肥料
バイオスティミュラント(Biostimulants)

◎ソース別の内訳
微生物
マクロバイアル
バイオケミカル
その他

◎適用形態別の内訳
葉面散布
土壌処理
種子処理
ポストハーベスト

◎用途別の内訳
穀類と穀物
油糧種子および豆類
果実・野菜類
芝生・観葉植物
その他

◎地域別の市場区分
北アメリカ
アジアパシフィック
ヨーロッパ
ラテンアメリカ
中近東・アフリカ

◎市場の競合状況
農業用生物製剤市場における主要な企業は、Agri Life、Agrinos Inc.、Arysta LifeScience Corporation(UPL Limited)、BASF SE、Bayer AG、Isagro(PI Industries)、Marrone Bio Innovations Inc.、Novozymes A/S、Syngenta AG、The Dow Chemical Company、Valagro、Valent U.S.A. LLC(住友化学株式会社)など。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る