おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

トマト種子市場 2021年から2026年にCAGR約6%で成長の見込み2022年3月11日

一覧へ

グローバルインフォメーションは3月7日、市場調査レポート「トマト種子の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を開始した。

世界のトマト種子市場は、2015年から2020年にかけて緩やかに成長。同レポートによると、2021年から2026年にかけて、市場は約6%の年平均成長率(CAGR)で成長すると予測されている。

トマトの種は、カリウム、マグネシウム、リン、カルシウム、銅、チアミン、葉酸、ビタミンA、B、B3、C、E、Kの豊富な供給源。食物繊維、タンパク質、水分、リコピンなどの有機化合物も豊富に含まれており、ガンの予防、日焼け防止、心臓の健康や血圧の維持に効果がある。また、糖尿病、皮膚疾患、尿路感染症のリスクを低減し、消化と体液のバランスを改善し、早期老化を防ぐ効果もあるため、世界中で様々な形態の食品に幅広く使われている。

多忙なスケジュールや可処分所得の増加により、調理済み食品(RTE)の需要が大幅に増加していることが、世界のトマト種子市場の主な成長要因の一つ。また、スナックの調理にトマトケチャップを使われるケースが増加していることも、市場の成長を後押ししている。さらに、安全な流通と長い保存期間を保証する、トマト種子製品の改良された包装方法の導入が、市場の成長を促進。加えて、傷の迅速な治癒を促進し、皮膚の外観を改善するというトマト種子油の効能に対する評価の高まりが、トマト種子の需要を促進している。また、老年人口の増加と美容への関心の高まりも、市場の成長を押し上げている。

さらに、複数のメーカーがハイブリッドトマトの種子を開発するため、ゲノミック・エマシュレーションなどの高度な技術を採用。純度の高い有機トマトの種子の粉末をオンライン小売チャネルで提供しており、これが市場の成長を加速すると予想されている。

主要な市場区分

世界のトマト種子市場は、タイプ、製品、栽培技術に基づいて分類されている。

タイプ別の市場区分
・ハイブリッド
・顕花植物品種

製品別の市場区分
・大玉トマトの種子
・チェリートマトの種子

栽培技術別の市場区分
・露地栽培
・保護栽培

市場の競合状況

世界のトマト種子市場における主要な企業は、BASF SE、Bayer AG、East West Seeds India Pvt.Ltd., Limagrain, Namdhari Seeds Pvt.Ltd., Rijk Zwaan Zaadteelt en Zaadhandel B.V., Sakata Seed Corporation(サカタのタネ), Syngenta AG (China National Chemical Corporation)、Takii&Co. Ltd.(タキイ種苗)、UPL Limitedなどが挙げられる。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る