2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

日本初 多言語ドローンスクールを開講 TWSM-JAPAN2022年3月15日

一覧へ

株式会社TWSM-JAPANは、国内外問わず高まり続けるドローンの需要に対応するため、日本で初めての多言語対応ドローンスクールサービスを開始した。

ドローンによる農薬散布

同社はドローンスクールとしては後発に分類されるが、わずか一年程で国土交通省認可の講習団体になった。今回、日本国内でドローンを飛行させたい外国人向けに、日本の航空法や小型無人機等飛行禁止法、電波法などのドローンに関わる法規を多言語で教える事業を開始する。現在、対応可能言語は英語、韓国語、中国語の3カ国語。

同社は農業関連事業も行っており、水剤と粒剤の両方に対応した日本製ドローン(Mazex社製飛助)を使用し、農薬散布を行っている。田んぼでの農薬散布は1町より受注しており、ドローンを自動飛行させることで効率的に農薬散布を行い、スマート農業を実現する。また、株式会社テクノアクセルネットワークスとの協力の元、農産物の成長過程の記録、および傷みの自動検知をドローンで管理する定量観測システムの開発にも携わっている。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る