左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

数種類のオリゴ糖を処方 バイオスティミュラント「クロピコ」新発売 レゾナック2024年2月2日

一覧へ

株式会社レゾナックは、世界で初めて、機能の異なる数種類のオリゴ糖を処方したバイオスティミュラント資材「KROPICO」(クロピコ)の日本国内での本格販売を開始。主成分に同社が開発したカニやエビなどの甲殻類や植物など天然物由来原料から生産した数種類の機能性オリゴ糖を配合した液状肥料で、植物の生育を促進し、ストレスを緩和するバイオスティミュラントとして販売する。

主なクロピコ効果主なクロピコ効果

バイオスティミュラントは、欧米を中心に注目を浴びている新しい農業資材カテゴリー。植物が本来持つ自然な力を活用することにより、植物の健全さ、環境ストレスへの耐性、収穫量と品質、収穫後の状態および貯蔵性などについて、植物に良好な影響を与える。

作物は環境ストレスにより本来の能力の7~8割しか収穫できていないと言われるが、「クロピコ」は、植物の生命力を刺激し、通常使われていない作物の持つ潜在力を発現。作物の肥料利用率や環境ストレス耐性の向上が図る。

バイオスティミュラント「KROPICO」バイオスティミュラント「KROPICO」

同商品は、本格販売に先立ち、3年にわたって地域を限定して販売。北海道から九州、海外などで利用した生産者から高い評価を得た。増収、耐ストレス性向上などの確実な効果が得られるとともに、昨今の高温障害、多雨の異常気象においても健全な栽培ができるようになったとの評価があり、海外では中国政府所管の国家プロジェクトにも採択され、3年間で肥料利用率向上の成果を得られた。

同社は1931年に、国産技術によるアンモニアの工業生産に初めて成功し、食糧確保に貢献する硫安肥料を市場に送り出した。現在も硫安の製造とリン安、尿素などの肥料の原料を製造。さらに、新規開発の「クロピコ」を通じて日本の農業を後押し、農家の営農を支援する。

同製品の開発において、資材効果確認、効果メカニズム解析、製造方法検討にあたっては、北海道大学、福井県立大学、筑波大学、名古屋大学、中国農業科学院農業環境与可持続研究所の協力を得た。

◎「クロピコ」商品概要
<対象作物>
根菜類、穀物・豆類、果菜類、花き類、果樹など

<主な効果>
①発根促進(土壌からの栄養源の吸収向上、根菜類の生長)
②光合成向上(ブドウ糖生産の向上、果菜類・穀物類・果物類・根菜類のでんぷん生産性向上、糖度の向上)
③結実性向上
④健全な育成
⑤環境ストレス耐性(塩害や高温障害など)向上
⑥増収・肥料利用率の向上

<販売容器>
300ml、1000ml、3000ml スタンドパウチバッグ(業界初)

<販売場所>
主に代理店経由や農業法人への直販。今後ホームセンターなどでも販売予定。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る