人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

ため池の安全性確保に「ため池救命ネット」開発 前田工繊2024年7月4日

一覧へ

土木・建築資材や各種不織布を製造・販売する前田工繊は、ため池の安全性確保する「ため池救命ネット」を発売した。

「ため池救命ネット」の施工例「ため池救命ネット」の施工例

ため池は、農業生産に不可欠な農業用水を供給する施設として、日本の農業の発展に重要な役割を果たしてきた。一方、農村地域の都市化、混住化に伴い、ため池への転落事故の危険性が増しており、平成24年度~令和3年度で毎年20件前後の転落死亡事故が発生。ため池の管理には、一層の安全性の確保が必要となっている。

転落事故防止対策の一つとして、ため池に誤って転落した場合に、脱出を補助する安全ネットの設置がある。ため池堤体の表面は、遮水シートや平ブロック(コンクリート)の場合滑りやすく、転落すると自力で登ることは難しい。

繊維と土木の融合を図り、地域の安心・安全な社会づくりや、より災害に強い国土づくりをめざす同社は、これまで培ってきた繊維網の技術を活かし、万が一の時により這い上がりやすく、施工もしやすい新たなため池安全対策ネット「ため池救命ネット」を開発した。

ため池の安全性確保に「ため池救命ネット」開発 前田工繊

「ため池救命ネット」は、ネットの芯材にモノフィラメントを入れることで、ネットの目合いが開いた形状を保つため、コンクリートなどの法面との間に"浮き"ができやすく、万が一の際、目合いの"浮き"に指が掛けやすくなっている。落石の覆い工、剥落防止対策工などで使われる剛性繊維網の基本技術を盛り込んだネットで高強度で耐久性に優れる。また、施工時の展開・固定もしやすい。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る