左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冷凍野菜輸入量、過去最高の95万トン2013年4月27日

一覧へ

 日本冷凍食品協会は4月24日、平成24年の冷凍食品の生産・消費統計を発表した。

◆国内生産量は3年連続増

 冷凍食品国内生産は数量が146万8345t(前年比3.6%増)、金額(工場出荷数)が6392億円(同1.5%増)だった。数量は3年連続、金額は2年連続で前年比増だった。内食志向の高まりにより、家庭用が伸長したこと、中食の需要が堅調に推移したことのほか、東日本大震災による被害からの回復が主な要因だった。
 内訳は業務用の数量が88万6137t(同2.5%増)で2年連続増、金額が3703億円(同0.2%増)で5年ぶりに僅かながら増加に転じた。
 また家庭用は生産量58万2208t(同5.2%増)、金額2689億円(同3.3%増)で数量、金額ともに3年連続で増え、いずれも過去最高となった。業務用と家庭用の比率は、数量ベースでは60.3対39.7(前年は61対39)、金額べースでは57.9対42.1(同58.7対41.3)となり、家庭用の比率が若干高まった。

◆スパゲティ、うどんが増加

 品目別に見ると国内生産の85%を占める調理食品、菓子類が増え、水産物はほぼ横ばい、農産物は減少した。
 前年に比べ数量が大きく増えた品目はピザ(同25.1%増)、スパゲティ(前年比14.6%増)、ギョウザ(同10.8%増)など。
 一方、エビ類(同22.2%減)、ポテト(同6.9%減)、カツ(同6.1%減)は前年に比べ減った。

◆中国、タイからの輸入増える

 冷凍野菜の輸入量は95万2041t(前年比5.9%増)、金額は1331億円(同10.8%増加)で、いずれも3年連続で増え過去最高となった。
 輸入が増えた主な品目はポテト、ブロッコリー、トウモロコシなど。輸入元は中国、アメリカ、タイ、台湾が増え、カナダが減った。
 同協会の会員社のうち、輸入調理冷凍食品を取り扱っている32社を対象にした調査では、調理冷凍食品の輸入量は28万313t(同13.8%増)、金額は1228億円(同12.6%増加)で数量、金額ともに3年連続増。中国、タイからの輸入増が、全体の輸入量を押し上げた。

◆1人あたり消費量21.2kg、過去最高

 「冷凍食品国内生産量」、「冷凍野菜輸入量」、「調理冷凍食品輸入量」の合計が冷凍食品の「消費量」になる。24年の消費量は約270万t。これを日本の総人口で割った国民1人当たりの年間消費量は21.2kgで3年連続の増。過去最高だった18年を0.1kg上回った。
 しかし、調理冷凍食品輸入量は同協会会員だけを対象にした調査のため、実際の総消費量は270万tを上回ると見られる。

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る