野菜・果物 ニュース詳細

2014.01.16 
モモ収穫量8%減 農水省一覧へ

 農水省は1月14日、平成25年産モモ、スモモの収穫量などの統計を発表した。

【モモ】
 結果樹面積は9890haで、前年に比べて60ha(1%)減だった。10aあたり収量も1260kgと、同7%減だったため、収穫量は同1万500t(8%)減の12万4700t、出荷量は同9600t(8%)減の11万4100tと落ちた。
 10aあたり収量が減ったのは、主産地の山梨、長野で開花期の凍霜害や、果実肥大期の高温、少雨などがあったことが要因。
 県別の収穫量では、山梨が3万9100t(31%)でトップ。次いで福島2万9300t(23%)、長野1万5400t(12%)、和歌山9590t(8%)、山形8080t(6%)、岡山6330t(5%)となっている。

【スモモ】
 結果樹面積は2940haで、前年に比べて30ha(1%)減だった。10aあたり収量は741kgで同1%減。収穫量は2万1800t、出荷量は1万8900tで、ともに同2%減だった。
 都道府県別の収穫量割合は、山梨が34%でトップ。次いで和歌山13%、長野13%、山形7%、青森5%と続く。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ