野菜・果物 ニュース詳細

2014.03.03 
キャベツ価格平年比2割増 1月の青果物市場一覧へ

 農水省は2月28日、平成26年1月の青果物卸売市場調査の結果を発表した。野菜は、前年同月に比べて卸売数量が増え、平均価格が下がった。

【野菜】
 卸売数量は59万5000tで前年同月に比べて2%増えたが、前月比では11%減。合計の卸売価額は1297億円、1kgあたりの平均価格は218円で、前年同月比で6%低く、前月比でも4%低かった。ただし、平年比では数量、価格とも1%増となっている。
 品目別で特徴的なのは、キャベツが数量7万2000tで同1%減、価格が1kgあたり131円で同19%上昇となっており、価格は対平年比でも21%高くなっている。そのほか、ハクサイが数量6万8000tで前年同月比3%増、価格は61円で同10%低下。ホウレンソウが数量9000tで同1%減、価格は15円で同6%低下。ニンジンが数量3万6000tで前年同月並みだが、価格は130円で同5%上昇となっている。

野菜の主要品目の卸売数量、卸売価額及び卸売価格(主要卸売市場)

【果実】
 卸売数量は17万5000tで前年同月に比べて1%増えたが、前月比では36%減だった。合計の卸売価額は546億円で、1kgあたり平均価格は312円円で前年同月比1%低かった。
 このうち国産は14万tで同4%増、合計価額は483億円で、1kgあたり価格は345円で同3%低かった。
 品目別では、ミカンが数量6万7000tで同14%増、価格は182円で同7%低下。リンゴが数量2万5000tで同6%減、価格は281円で同20%上昇。イチゴが数量1万4000tで同18%減、価格は131連で14%上昇となっている。

果実の主要品目の卸売数量、卸売価額及び卸売価格(主要卸売市場)


(関連記事)

2月の野菜価格、おおむね平年並み(2014.02.05)

根菜、葉菜で高値続く 年末年始の野菜価格(2013.12.25)

天候不良の影響 野菜類の出荷低調・価格上昇(2013.12.05)

秋冬野菜、高値で推移 輸入品ニーズ強まる(2013.11.14)

単身・若年層で野菜消費減る 価格高騰が影響(2013.12.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ