左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

根菜、葉菜で高値続く 年末年始の野菜価格2013年12月25日

一覧へ

 農水省は12月20日、年末年始の野菜価格の見通しを公表した。

 10月の台風や、その後の天候不良の影響をうけて、野菜は全般的に出荷量が減り、価格が平年を上回っている。12月に入ってからも、主にダイコン、ニンジンなどの根菜類、ハクサイ、キャベツ、レタスなどの葉菜類で、平年価格より1.2?1.5倍ほど高くなっており、とくにキャベツは2倍を超える日もあるなど高値が続いている。
 野菜の種類別の見通しは次の通り。

【根菜類】
 ダイコン、ニンジンとも少雨の影響などで小ぶり傾向。出荷量は平年を下回り、年末年始とも価格は平年比を上回る。

【葉菜類】
 低温の影響で全体的に生育は不調。ハクサイ、キャベツ、レタスは小玉傾向、ホウレンソウは細身傾向。いずれも、出荷量は平年を下回り、年末年始とも価格は平年比を上回る。
 ネギは生育順調で、出荷量・価格とも平年と同程度。

【果菜類】
 キュウリ、ナス、ピーマンともおおむね順調で、出荷量・価格とも平年と同程度。
 トマトは11月の低温の影響で着色が遅れ気味のため、出荷量が減り、価格が平年を上回る。

【土物類】
 イモ類はおおむね順調で、出荷量・価格とも平年並み。
 タマネギは少雨の影響で小玉傾向。出荷数量は平年を下回る。ただし、海外からの輸入があり、価格は平年並みとなる。

 この見通しは、主産県や卸売市場からの生育状況や価格動向などの聞き取り調査に基づいて、農水省が作成した。


(関連記事)

夏秋トマトの作付増 26年産野菜の需給予測(2013.12.20)

天候不良の影響 野菜類の出荷低調・価格上昇(2013.12.05)

秋冬野菜、高値で推移 輸入品ニーズ強まる(2013.11.14)

ジャガイモ作付面積1700ha増 冬春野菜の需給(2013.06.13)

トマト、ナス、キュウリなど需要回復 25年産夏秋野菜の需給ガイドライン策定(2012.12.14)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る