Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インゲン収穫量78%減2017年2月27日

一覧へ

台風や天候不順影響で

 農水省はこのほど平成28年産大豆、小豆、インゲン、ラッカセイ(乾燥子実)の収穫量をまとめた。

 全国の大豆の収穫量は23万5500tで前年産比7600t(3%)減だった。作付面積は15万haで同比8000ha(6%)増だった。これは水稲や小豆からの転換によるもの。10a当たりの収量は457kgで同比8%減だった。北海道などの天候不順で生育が抑制されたことによる。
 小豆の収穫量は2万9500tで同比3万4200t(54%)減だった。主産地の北海道で大豆への転換などがあり作付面積が同比22%減、10a当たりの収量が同比41%減少したことによる。収量の減少は天候不順や台風の被害で生育が抑制されたこと、被害粒が多く発生したため。
 インゲンの収穫量は5650tで同比1万9900t(78%)減だった。小豆と同じで主産地の北海道で作付面積が大豆などへの転換で同比14%減少し、10a当たりの収量が小豆と同じく台風などの影響で被害粒が多く発生し、同比74%減だったため。
 ラッカセイの収穫量は1万5500tで、同比3200t(26%)増だった。作付面積が前年産を下回ったが、主産地の千葉県で10a当たりの収量が前年産を上回ったため。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る