Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

これがハボタン? 正月以外の需要も タキイ種苗2018年12月17日

一覧へ

 タキイ種苗(株)は、「ハボタン=和」のイメージを覆す、新しい楽しみ方をPRしている。

 正月を彩る花材として一般的な「ハボタン」。耐寒性があり、葉の一枚一枚が厚く丈夫で日持ちがよいため、長い期間美しい状態を楽しむことができる。タキイ種苗(株)は、和のイメージが強い葉ボタンを使い、固定観念にとらわれない新しいアレンジ方法を提案している。

タキイ種苗(株)ハボタンのアレンジ 純白でフレアスカートのように波打つ葉の形が特徴の「フレアホワイト」を使った白いクリスマスリースは、まるでバラをあしらったようにゴージャスな仕上がり。緑の外葉を外して純白部分のみにするのがポイント。

 

タキイ種苗(株)ハボタンのアレンジ 「フレアローズ」は、中心から外に向かって濃桃から薄桃色に色づく品種。そのままでも十分魅力的な花材だが、染色剤を吸わせて人工的に着色することで、ベースの桃色が効いてアンティーク調の花色になり一気にアレンジメントの幅が広がる。

 

タキイ種苗(株)ハボタンのアレンジ 葉に光沢があり、メタリックな質感の新しいタイプのハボタン「プラチナケール ルシール」は、リッチで大人の雰囲気。

 

(関連記事)
時代の変化に対応して180年 タキイ種苗が園芸フェア開催(16.01.18)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る