野菜・果物 ニュース詳細

2019.02.06 
春植えバレイショ 収穫量、前年より6%減 農水省統計一覧へ

 農水省は2月5日、平成30年産の春植えバレイショの作付面積と収穫量を公表した。

 それによると、全国の作付面積は7万4000haで、前年より500ha(1%)減少となった。収穫量は221万5000t、出荷量は185万7000tで、前年産に比べて、それぞれ14万t(6%)、10万9000t(6%)減少した。
 また、北海道の作付面積も5万800haで前年より500ha(1%)減少した。収穫量は174万2000t、出荷量は155万9000tで前年産に比べて、それぞれ14万1000t(7%)、11万9000t(7%)減少した。北海道の収穫量割合は、全国の約8割を占める。

平成30年産春植えばれいしょの作付面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量 農林水産省

 

(関連記事)
タマネギ高値 2月の野菜の生育状況と価格見通し(19.02.05)
北海道地震 農林水産被害643億円-9月26日現在(18.09.27)
8月の野菜の生育状況と価格見通し(18.08.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ