左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

春野菜収穫量1%減、夏秋野菜は3%増、タマネギ14%増-農水省調査2020年5月20日

一覧へ

農林水産省は5月19日、「令和元年産指定野菜(春野菜、夏秋野菜等)の作付面積、収穫量及び出荷量」を公表した。春野菜の収穫量は前年産に比べ1%減少、夏秋野菜は同3%増加。タマネギは同14%増加した。

農水省調査


調査結果の概要は次のとおり。

【春野菜】
指定野菜(10品目)の作付面積は3万5300haで、前年産に比べ600ha(2%)減少した。収穫量は192万9000t、出荷量は178万9000tで、前年産に比べそれぞれ2万9000t(1%)、2万7000t(1%)減少した。

春夏ニンジンは暖冬の影響で生育が良好。春ネギも、千葉県産が低温の影響で作柄の悪かった前年産よりも生育が良好だった。ともに、作付面積が減少したにも関わらず出荷量が増加した。
春ハクサイや冬春ナスも、作付面積は減少したが出荷量が増加。冬春ピーマンは作付面積、出荷量ともに増加したが、春ダイコン、春キャベツ、春レタス、冬春キュウリ、冬春トマトは作付面積、出荷量ともに減少した。

 
【夏秋野菜】
指定野菜(10品目)の作付面積は6万3500haで、前年産に比べ700ha(1%)減少した。収穫量は233万5000t、出荷量は204万tで、前年産に比べそれぞれ5万9000t(3%)、6万3000t(3%)増加した。

作付面積が減少したにも関わらず出荷量が増加したのは、夏ダイコンや秋ニンジン、夏ネギ、夏秋キュウリ、夏秋ピーマンが高温多照等により肥大・生育が良好だったため。夏秋ナスも、作付面積が減少したが出荷量は増加した。

夏ハクサイ、夏秋キャベツ、夏秋トマトは前年産並みの出荷量を示したが、夏秋レタスは作付面積、出荷量ともに減少した。

 
【タマネギ】
作付面積は2万5900haで、前年産に比べ300ha(1%)減少した。収穫量は131万9000t、出荷量は119万6000tで、前年産に比べそれぞれ16万4000t(14%)、15万4000t(15%)増加した。

作付面積の減少に対し出荷量が増加したのは、夏季の北海道における高温多照により、玉肥大が良好だったため。

 
【令和元年度産4品目】
キュウリの作付面積は1万300haで、前年産に比べ3%減少した。収穫量は54万8100tで前年産並み、出荷量も47万4700tで前年産並みだった。

ナスの作付面積は8650haで、前年産に比べ4%減少した。収穫量は30万1700tで前年産並み、出荷量は23万9500tで前年産に比べ1%増加した。

トマトの作付面積は1万1600haで、前年産に比べ2%減少した。収穫量は71万4600tで前年産に比べ1%減、出荷量は64万8600tで前年産に比べ1%減だった。

ピーマンの作付面積は3200haで、前年産に比べ1%減少した。収穫量は14万5700tで前年産に比べ4%増加、出荷量は12万9500tで前年産に比べ4%増加した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る