Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

江戸川産の朝採り小松菜「までいマーケット」で直送 島村商店2021年2月25日

一覧へ

(株)島村商店が運営するオンラインショップ「までいマーケット」は2月24日、東京都江戸川区産の新鮮な朝採り小松菜の直送販売を始めた。

専用BOXで直送する江戸川区産の小松菜専用BOXで直送する江戸川区産の小松菜

小松菜の由来は、江戸時代にさかのぼる。冬になると徳川将軍は代々、江戸川区の村に鷹狩りに訪れていたが、あるとき東・西小松川村で採れた冬菜をすまし汁に入れてさし上げたところ「これは、うまい」と絶賛。「この菜の名前は何と申すのか」と尋ねられ「とくに名前はございません」と答えると「こんなおいしい菜に名前がないのは、残念なことだ。この村の名をとって小松菜とよぶようにせよ」と言われたことから、冬菜のことを小松菜とよぶようになったという。

「までいマーケット」では、十一代続く江戸川区の小松菜農家「真利子遼太郎」から、新鮮な朝採り小松菜を仕入れて販売。毎週金曜日までに予約すると、翌週の火曜日(祝日の場合は翌日)に「朝採り小松菜」(約500g×3把)を専用BOXに収めて直送する。また、東京の下町・江戸川区西小松川町に「障がいのある人と地域を結ぶ」をテーマにしたリアルショップでも販売している。

「までい」という言葉は「真手(まて)」という古語が語源で、左右揃った手、両手を表し、それが転じて「手間ひま惜しまず丁寧に心をこめてつつましく」という意味で、現在では福島県で使われている方言。同社は「今風に言えば、エコ、もったいない、節約、思いやりの心、人への優しさ。私たちが目指しているのは、障がいのある人が地域を明るく照らす存在になるような社会です」としている。問い合わせは(電話)03‐5879‐3891。

(画像)
01:

02、03:※イメージでつかってください

【までいマーケットオンライン】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る