おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

超大玉の新品種 さくらんぼ「やまがた紅王」がプレデビュー 山形県2022年6月23日

一覧へ

全国のさくらんぼの7割以上を生産する山形県から、超大玉新品種「やまがた紅王」が登場。6月23日から先行販売を開始する。

超大玉の新品種「やまがた紅王」超大玉の新品種「やまがた紅王」

山形県が満を持して開発した新品種「やまがた紅王」は、「佐藤錦」「紅秀峰」に次ぐ第三のさくらんぼ品種で、最大の特長は果実の大きさ。3L(横幅28ミリ以上)~4L(同31ミリ以上)中心の大玉で、500円玉サイズより大きくなる。また、「佐藤錦」並みの糖度で酸味が少なく、食味良好で、果肉が硬いため日持ち性に優れる。

500円玉とのサイズ比較500円玉とのサイズ比較

「やまがた紅王」として販売できるのは、「果実の大きさが2L(横幅25ミリ以上)以上あり、果実の着色割合が50%以上」という品質基準をクリアしたもので、商標登録済のロゴマークを付して販売できる。2022年の出荷量は、6トン程度で同県全体さくらんぼ収穫量の0.05%と限られるが、2023年の本格デビュー以降、出荷量は年々増加していく。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る