2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

川西産いちじく「朝採りの恵み」収穫が最盛期 兵庫県川西市2022年8月9日

一覧へ

いちじくの産地として知られる兵庫県川西市で、朝採りで完熟のいちじくの収穫が最盛期を迎えている。県内2位の収穫量を誇る川西市のいちじくの愛称は「朝採りの恵み」。今年の収穫作業は7月26日に始まり、生産農家は10月末まで、毎日早朝から収穫と出荷作業に追われる。

川西産いちじく「朝採りの恵み」を栽培する川西市内の生産者川西産いちじく「朝採りの恵み」を栽培する川西市内の生産者

川西のいちじくは、大阪や神戸など大都市に近い立地条件と、温暖な気候に恵まれた風土を生かした近郊農業として、同市南部の久代、加茂、栄根地区を中心に約100戸余りの農家が約12ヘクタールの畑で生産。京阪神を中心に年間約400トンが出荷されている。

川西産いちじく「朝採りの恵み」の品種「桝井ドーフィン」は、90年以上前に日本で初めて川西市で栽培され、全国に広まったと言われている。完熟のものを朝採りするのが特徴で、太陽がまだ昇らない早朝から、赤く熟した実を一つひとつ丁寧にもぎ取る。朝早くから集荷場に集められたいちじくは、その日のうちに店頭に並び、新鮮な状態で消費者へ届けられる。

同市内久代1丁目にある約8アールの畑で、いちじくを栽培している農家の久代美彌男さんは8日、約80本のいちじくの木になった果実を夫婦2人で収穫していた。久代さんは「今年は雨が少なくて、実に影響がないか心配だったが、例年以上に質の良いいちじくができた。去年からほ場の土壌調査を行い、肥料を改良したことがいい結果に結びついたのかもしれません。ぜひ、皆さんに美味しいいちじくを食べてもらいたい」と話した。

今年の収穫作業は7月26日に開始。ピーク時には午前5時頃から作業を始め、市場に出荷する午前7時過ぎまで作業が行われ、10月末ごろまで早朝の作業が続く。

川西市内では、JAの農協市場館「四季の郷」のほかスーパーなどで販売。また、市外では、JA兵庫六甲ファーマーズマーケット「スマイル阪神」でも購入できる。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る