左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

静岡県産サツマイモ 清水港から初となるタイ向けに輸出 日本農業2022年12月6日

一覧へ

株式会社日本農業は12月5日、清水港から初めてタイ向け静岡県産サツマイモを輸出した。約10トンのサツマイモを、日本農業の子会社・ジャパンベジタブル(静岡県牧之原市)が提供し海上輸送する。タイのレムチャバン港へ運搬され、日本農業タイ法人が、現地で販売および、物流実験検証、流通・販売等のマーケティング調査を行う。

静岡県産サツマイモ 清水港から初となるタイ向けに輸出 日本農業

今回の輸出は、静岡県の「山の洲産品の清水港輸出拡大事業」を活用した取り組み。日本農業は同事業の公募により採択され、初めて静岡県産のサツマイモを清水港からタイへ輸出した。同事業は、中部横断自動車道の全線開通に伴い、山の洲(静岡県、山梨県、長野県、新潟県)産品を清水港から輸出する仕組みを構築し、清水港を活用した農産物等の輸出拡大を目的としている。

今回、輸出されたサツマイモは、日本農業が子会社として静岡県で立ち上げた、ジャパンベジタブルと同社の契約農家が、荒廃農地を再生して生産し、ジャパンベジタブルによって選果・こん包され、貨物受入れからコンテナへの積込みは、鈴与(静岡市)が担当。タイへ輸送後は、日本農業の現地法人が販売と物流実験検証、流通・販売等のマーケティング調査を行う。

ジャパンベジタブルは、サツマイモを中心とする畑作品目の生産・選果・こん包・販売を行うため、日本農業の子会社として6月に設立。自社ほ場は静岡県内の荒廃農地を再生し整備、2023年には総面積15ヘクタールでの作付け、2025年度末までに、流通総額10億円規模((約5000トン) のサツマイモ産地の形成を予定している。

静岡県産サツマイモ 清水港から初となるタイ向けに輸出 日本農業

サツマイモは、タイを含むASEAN諸国で人気があり、日本からの輸出量も右肩上がり。一方で、需要の急拡大や病基腐病の蔓延で供給が間に合わず、機会損失に繋がっている。こうした状況から、日本農業は、ジャパンベジタブルを設立した。

静岡県には、干し芋生産の発祥の地((御前崎市)があり、高い生産技術を持つ農家が多いが、農業の担い手不足、産業の空洞化、荒廃農地の増加などの課題に直面している。ジャパンベジタブルは、こうした課題を、農業を通じて解決するため、契約農家や農協などと連携し、輸出産地の形成を推進している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る