左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
三井物産アグロビジネス SP 122601
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

マレーシアでドリアン栽培プロジェクト PLS plantations Groupと連携 マイファーム2023年1月20日

一覧へ

株式会社マイファームは、マレーシアの農業関連企業のPLS Plantations Bhdと、Millennium Agriculture Technology Sdn Bhd(MAT)と連携し、マレーシアにおけるドリアン生産事業に関する包括合意契約を締結した。今後、共同でマレーシアでの大規模なドリアン栽培プロジェクトを展開する。

包括連携するマイファームとPLS plantations Groupの調印式包括連携するマイファームとPLS plantations Groupの調印式

マイファームは、ドリアン生産事業の運営にかかわっていくことで、日本のスマート農業を加えた持続可能な栽培管理技術の導入、人材の育成や日本の農業学生との相互交流、SDGsやESGに対応した農園の発展などに挑戦。「自産自消」の輪をマレーシアで展開していく。

フルーツの王様と言われるドリアンは、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアなど東南アジアの国々で親しまれているフルーツ。2019年以降は、品種改良や冷凍保存での輸送、貿易取引の規制等の要因により、世界的な貿易額でも大幅に増加しており、特に中国では輸入量が年30%増とマーケットが加熱している。

今回、プロジェクトを実施するマレーシアは、ドリアン生産の最適地の一つで、数多くの優良品種が存在。その中でも「ムサンキング(登録品種)」は、マーケットでの評価が高い。マレーシア産ドリアンが人気の理由は、完熟した果実を出荷する点にある。タイやベトナム産は、熟しきらないうちに収穫することも多いが、樹上完熟して自然に果実が落ちてくるのを待って収穫するマレーシア産は、その美味しさから高値で取引されている。

一方、マレーシアの農業やドリアン生産現場を取り巻く環境には課題もある。マレーシアのドリアン農家は多くは、過去の経験に基づく農業をしているが、農園ごとの生産量の頭打ちや、世界的な資材・農薬等のコスト上昇による利益率低下が懸念されており、スマート農業を取り入れたデータ管理や生産性向上の必要性が求められている。また、生産農家の高齢化や人材不足も課題となっており、長期的な視点での持続可能な生産体制構築が必要となる。

同プロジェクトでは、これまで様々なアプローチから"農業×イノベーション"に挑戦して得た研究開発・技術力などソフト面が強みのマイファームと、PLS plantations Groupのドリアン農場での生産から流通に至るまでのハード面や一貫したバリューチェーン構築の強みを掛け合わせ、マレーシア産ドリアンの生産現場が持つ「生産性向上」や「人材不足」などの課題を解決。持続可能なドリアン生産ができるマレーシア農業へつなげる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る