秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2年連続 長崎県・五島列島の「五島ごと芋」が『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』受賞2023年1月25日

一覧へ

長崎・五島列島の特産品を販売する、ごと株式会社は、島内にある自社の畑と契約農家のみで栽培されるさつまいも「五島ごと芋(ごと芋)」が、サツマイモの博覧会「さつまいも博2023」内で行われる、品評会「日本さつまいもサミット2022-23」の安納べに部門で『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』を受賞した。2年連続の受賞で、同部門では初の快挙となる。

安納べに部門の『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』を2年連続で受賞した「五島ごと芋(ごと芋)」安納べに部門の『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』を2年連続で受賞した「五島ごと芋(ごと芋)」

ブランドさつまいも「五島ごと芋(ごと芋)」は、約16年前に五島オリジナルのお芋を作りたいという想いから誕生した、五島列島の自社の畑と契約農家のみで栽培され、有機JAS認証を取得しているさつまいも。品種は安納芋で、ねっとりとした濃厚な甘みがある。収穫後は、温度・湿度を管理している暗室で約40日かけて熟成させ、蓄えたデンプン質を糖質に変化させることで、砂糖不使用にもかかわらず濃厚な甘みを楽しめる。

『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』は、全国のサツマイモ生産者から事前に提出された書類をもとに一次審査を実施。生芋を使用したブラインド食味審査を経て、厳正に審査が行なわれる。「五島ごと芋(ごと芋)」は、2022年2月に行われた「日本さつまいもサミット2021-22」に続き、安納べに部門の『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』を2年連続で受賞し「日本一の安納芋」となった。

「五島ごと芋(ごと芋)」の生産者「五島ごと芋(ごと芋)」の生産者

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る