左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

島根の紅いぶどう「神紅」羽田空港「和蔵場」で8日から限定販売2023年9月7日

一覧へ

株式会社羽田未来総合研究所は9月8日~10日、島根県が開発した紅いぶどう「神紅(しんく)」を島根県と共同で特別販売する「神様が集まる国の紅いぶどう~神紅~販売フェア」を羽田空港にある情報発信型カフェ「和蔵場~WAKURABA~」で開催する。

島根の紅いぶどう「神紅」羽田空港「和蔵場」で8日から限定販売希少なぶどう「神紅」は1房6000円(税込)

「和蔵場~WAKURABA~」は、同社が運営する『食を通じて日本各地の魅力を伝える』ことをコンセプトとしたカフェ。

同フェアでは、1房単位の販売のほか、ギフト箱での粒販売や、店内カフェで、試食プレート(有償)を提供。また、のどぐろ、出雲そば、和菓子など島根県の特産品も販売する。

島根の紅いぶどう「神紅」羽田空港「和蔵場」で8日から限定販売期間中は、「神紅」を活用したまちづくりを行っている島根県邑南町の農業研修生による販売体験も行われる。

「神紅」は、 香りの良いシャインマスカットと赤いベニバラードを掛け合わせて開発された島根県オリジナル品種。

2007年から研究を続け、20度以上の高糖度と豊潤で清らかな味わいを実現した。種もなく、皮ごと味わえ、鮮やかな紅色の果皮が特徴。まだ年間の生産量が僅かな希少品種となる。

販売は羽田空港第2ターミナル 1階 到着ロビー「和蔵場」ショップで12:00~20:00。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る