人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

豊作の野菜をお得に届ける「きまぐれ野菜クラブ」全国展開 坂ノ途中2023年9月11日

一覧へ

新規就農者をメインパートナーに、環境負荷の小さな農業に取り組む生産者の農産物を販売する株式会社坂ノ途中は、会員に豊作の野菜をお得に届ける「きまぐれ野菜クラブ」を全国で展開。豊作時の販路を確保することで食品ロスの削減や生産者の経営安定につなげるとともに、 物価高騰の影響を受ける家庭に旬の野菜を"きまぐれ"に楽しむ暮らしを提案する。

豊作の野菜をお得に届ける「きまぐれ野菜クラブ」全国展開 坂ノ途中

野菜は、常に計画通りに生産できるとは限らず、季節や天候の変化によって豊作・不作となることがあり、自然に近い環境で栽培する有機農業では、その確率がさらに高まる。

坂ノ途中は環境負荷の小さな農業に取り組む生産者約400軒と提携しており、その約8割が新規就農者。一般的な流通の仕組みでは扱いづらい彼らの野菜を、少量かつ不安定であっても品質が高ければ適正価格で買い取り、安定的に供給できる仕組みをつくることで、有機農業の普及を目指している。

一方で、豊作時には坂ノ途中が事前に約束していた量をすべて買い取っても、生産者のもとには多くの野菜が残り、販路に困るケースが発生。さらに円安や資源価格の高騰により資材費が上昇することで生産コストが増えており、生産者が収穫した野菜を売り切る重要性が高まっている。

「きまぐれ野菜」は、野菜が豊作となった時に1口243円(税込/通常価格の20~30%引)につき、野菜1品を届け、何が届くかは箱を開けてのお楽しみ。同社は3口以上から申し込みを受け付け、届けた品数(口数)分の代金を受け取る。対象は坂ノ途中のサブスクリプションサービスを利用中で、支払い方法にクレジットカードの利用者に限る。

これまで同社では、季節や天候によって発生する野菜のサイズや味の変化を、生きものが本来持つ"ブレ"と捉え、サブスクリプションサービスや情報発信を通じて、野菜の"ブレ"を楽しむ暮らしを提案してきた。これを具現化した「きまぐれ野菜クラブ」を通して、食品ロスの削減や提携生産者の経営安定につなげ、今後は豊作時だけでなく、災害や天候不順で行き場のなくなった野菜の販路としても展開を予定。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る