人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

北海道のじゃがいも栽培を応援 カルビー×ホクレン第4弾「ポテトチップス」 数量限定で発売2023年11月8日

一覧へ

カルビーは11月13日、ホクレン農業協同組合連合会と連携した第4弾商品として、原料ジャガイモの産地を特定した新商品「ポテトチップス スイートコーン味~JAながぬまの新じゃが使用」と「ポテトチップス ザンギ味~JAとまこまい広域の新じゃが使用」を新発売。北海道内のスーパーマーケットやドラッグストアなどで数量限定発売する。

北海道のじゃがいも栽培を応援 カルビー×ホクレン第4弾「ポテトチップス」 数量限定で発売カルビー×ホクレン第4弾「ポテトチップス スイートコーン味~JAながぬまの新じゃが使用」(左)、
「ポテトチップス ザンギ味~JAとまこまい広域の新じゃが使用」

カルビーとホクレンの連携で生まれた第4弾のポテトチップスは各産地の特色を活かした味わいを選定し、スイートコーン味とザンギ味の2種類。

「ポテトチップス スイートコーン味~JAながぬまの新じゃが使用」は、JAながぬまで収穫された新じゃがを使用。クリーミーでやさしい甘さに仕上げたスイートコーンの味わいが楽しめる。

また、「ポテトチップス ザンギ味~JAとまこまい広域の新じゃが使用」は、JAとまこまい広域で収穫された新じゃがを使用。しょうゆ・にんにく・しょうがの風味のしっかり効いたジューシーで香ばしいザンギの味わいが堪能できるポテトチップス。

パッケージは、ワッペンでカルビー、ホクレン、JAの共同開発商品であることを強調。それぞれの生産者の写真を掲載することで、想いやこだわりが伝わるように工夫した。

カルビーとホクレンは2020年に北海道産農産物の振興に向けて、流通から商品開発に至る事業全般について協業を進める連携協定を締結。

第1弾商品としてホクレンのオリジナルジャガイモを使ったポテトチップス「CHIPS NEXT よくねたいもキタアカリ」を発売。

続く第2弾として2022年に北海道産の大豆「ゆきほまれ」と小豆「きたろまん」を使った「あじわいmiino」を数量限定で発売した。また、2022年11月には第3弾「ポテトチップス うすしお味 JAいしかりの新じゃが使用」と「ポテトチップス コンソメパンチ~びらとりトマト仕立て~JAびらとりの新じゃが使用」を数量限定発売し好評だった。

第4弾となる今回も北海道のジャガイモ栽培を応援。ホクレン・JAながぬま・JAとまこまい広域と連携し、契約生産者を特定した原料ジャガイモを使った数量限定のポテトチップス2種類を用意。北海道旅行のお土産にもおすすめ。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る