人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

見た目より味を追求「ひりょうやさんのトマト」27日から販売 大成農材2023年11月17日

一覧へ

天然有機質肥料、農産品、除草剤を扱う農業関連メーカーの大成農材(広島市)は11月27日、自社農園の大成ファームで栽培するミニトマト「ひりょうやさんのトマト」の2023年度シーズン分を、同社が運営するオンラインストア「実をよく知る肥料屋さんのトマト」で発売する。

ひりょうやさんのトマト(通販用パッケージ)ひりょうやさんのトマト(通販用パッケージ)

同社は、広島県三原市にある自社農園大成ファームで全国の生産者から評価の高い自社の100%有機質肥料「エキタン有機特選エース」を使ったミニトマトを栽培。2020年11月からは、自社ECサイトや地元の産直等で「ひりょうやさんのトマト」として販売を始めた。

「ひりょうやさんのトマト」は、見た目やカタチより「味」を優先。食味は良いが収量がとれないために国内でほとんど栽培されていない品種を選定し、出荷の際は一粒一粒を糖度センサーで測って出荷している。

ひりょうやさんのトマト(店舗用パッケージ)ひりょうやさんのトマト(店舗用パッケージ)

1月からは販売店向け容器を紙パッケージにリニューアル。スーパーなどでのトマトの販売容器は、中身が見えるプラスチック製が一般的だが、循環型社会実現に向けた取り組みの一環として、脱プラの観点から紙製にリニューアルしたところ、販売店からは「中身が見えないと売れない」との声が大多数だったが、結果として前年と比較して114.2%の売上げとなった。また、販売価格は一般的なミニトマトの4倍だがリピート率が高く、2021年から開始した定期便サービスが通販の売上げを大きく牽引している。

「ひりょうやさんのトマト」は、500gで1500円、1kgで2600円。いずれも税込、送料別。

見た目より味を追求「ひりょうやさんのトマト」27日から販売 大成農材

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る