人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

半導体製造装置メーカーが作る甘い「Vトマト」ふるさと納税に登場 横須賀市2024年4月15日

一覧へ

神奈川県横須賀市は、株式会社ブイ・テクノロジーのYRPイノベーションセンター(神奈川県横須賀市光の丘)で生産された「Vトマト」と、Vトマトを使って作られたトマトジュースを、楽天ふるさと納税ポータルサイトなどで出品している。

半導体製造装置メーカーが作る甘い「Vトマト」ふるさと納税に登場 横須賀市

ブイ・テクノロジーは、スマートフォンや薄型テレビに使われるフラットパネルディスプレイ(FPD)の製造・検査・測定装置や半導体製造装置を開発・設計・販売。2022年に半導体製造工場を横須賀リサーチパークに設立するとほぼ同時期に、農業と食に関わる課題解決に向けて、トマト栽培を軸としたアグリビジネスへの挑戦を開始した。2023年2月から、高糖度で、リコピン・GABAが豊富なフルーツトマト「Vトマト」の販売を始め、好評を得ている。

返礼品のトマトは、医療技術を農業に応用した「アイメック農法」で栽培。特殊なフィルムを用いて水分量を調節しながら、適度なストレスを与え、トマトの美味しさや甘さを最大限に引き出している。フィルムに空いたナノサイズの微細な穴から、水・養分は通しつつ、害虫・病原菌はブロック。生育に使用する水や農薬も少なく抑えられ、環境と人に優しいトマトとなる。

「Vトマト」を栽培するブイ・テクノロジー アグリ事業本部の天日さんは「YRPに新設した半導体製造工場の最上階で、自然光で土を使わない新しい農法で糖度を極限まで上げたトマトを育成しました。一粒口にすれば、従来のトマトとは違う全く異次元のトマトであることを体験いただけます。『このトマトを食べるともう他のトマトは食べられない!』と言わせる自信を持ってお届けします」とコメントしている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る