人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

マルヤナギとJAみのり協働栽培「北播磨のもち麦キラリモチ」おむすび 関西のセブンイレブンで発売2024年4月17日

一覧へ

蒸し豆・煮豆・佃煮メーカーのマルヤナギ小倉屋(神戸市東灘区)が、JAみのり(兵庫県加東市)と協働で栽培する「北播磨のもち麦キラリモチ」を使った「もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび」が発売。関西2府4県のセブンイレブン「兵庫をまるっとグルメフェア」商品の1つとして4月16日から発売される。

関西2府4県のセブンイレブンで発売の「もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび」関西2府4県のセブンイレブンで発売の「もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび」

「もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび」(135円・税込)は、兵庫県加東市をはじめとする北播磨で育てたもち麦を使い、旨みのある「塩こんぶ」と彩りの良い「枝豆」、コク深い香りの「ごま油」を合わせたまぜごはんタイプのおむすび。もち麦の品種を「キラリモチ」に限定することで、麦特有のクセが少なく、もっちりプチプチとした食感を楽しめる。一つあたり食物繊維3.1gが摂れる。

「北播磨のもち麦キラリモチ」は、2017年から兵庫県加東市で栽培が始まり、現在では西脇市、多可町を含め約160ヘクタールで栽培。マルヤナギは、この"もち麦"を通じた農業振興、地域活性、地域の健康増進に取り組み、今回の商品化により、もち麦の更なる認知拡大、需要拡大に取り組む。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る