人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

山梨県大月市・玉ねぎ研究会と連携「新玉ねぎを使ったハンバーグ」季節限定発売 石井食品2024年6月13日

一覧へ

無添加調理で商品作りを進める石井食品は、山梨県大月市と玉ねぎ研究会の3者連携で、玉ねぎ生産者の増加とブランド化を後押しする地域の農業経済の発展に向けた取り組みとして「山梨大月市の新玉ねぎを使ったハンバーグ オニオントマトソース」を6月15日から季節限定で発売する。

山梨県大月市・玉ねぎ研究会と連携「新玉ねぎを使ったハンバーグ」季節限定発売 石井食品

石井食品は、山梨県大月市と大月市の生産者とともに、2016年から大月市産の新玉ねぎの商業化や特産品へのブランド化に向け取り組みを進めてきた。当初は1軒の生産者からスタートしたが、生産者グループの"玉ねぎ研究会"を立ち上げ勉強会などを継続し、玉ねぎ生産者が取り組み開始から9年目で30軒まで増加。生産量も10トンを超え規模を拡大している。

この取り組みにより開発された「山梨大月市の新玉ねぎを使ったハンバーグ オニオントマトソース」は、大月市産玉ねぎをハンバーグのパティだけでなく、ソースにもふんだんに使用している。石井食品は「地域と旬」事業で、地域食材に着目し、良質な食材を、その地域ならではの方法で調理し、生産者とともに商品開発に取り組んでいる。

季節限定発売の「山梨大月市の新玉ねぎを使ったハンバーグ オニオントマトソース」季節限定発売の「山梨大月市の新玉ねぎを使ったハンバーグ オニオントマトソース」

大月市産の新玉ねぎのおいしさの秘密は生育環境にある。大月市は日夜の寒暖差が大きく、風が良好に吹き抜け、また、日照時間が長くなる山中腹の環境は、太陽の光を豊富に受けることができる。また、土地の南傾斜により、雨が降っても水が流れやすく、根腐れのリスクが低く、甘味とみずみずしさを持った良質な玉ねぎが育つ。

商品詳細商品詳細

石井食品と大月市、玉ねぎ研究会の3者は今後、大月市の地域経済の活性化と持続可能な農業の実現に向け、玉ねぎ研究会の新規生産者の増加や既存生産者からの仕入量増加を図り、2026年までに20トンの新玉ねぎの収穫を目指す。また、大月市産の新ねぎの収穫量が年々増加傾向にあることから、2024年は新たな取り組みとして大月市産の新玉ねぎを使ったピューレの製造・販売など、ハンバーグ以外での新たな活用を模索。大月市産の新玉ねぎのブランド化や特産品としての価値を高めていく取り組みを推進する。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る