コラム 詳細

コラム:INBRグローバルレポート

2016.12.29 
日本農業の強さ――それは付加価値にあり一覧へ

 東京オリンピックに向けてタイ・マレーシア・インドネシア・フィリピンが自国食材を日本市場に売込むためにエスニック料理のフランチャイズを準備し始めている。ファンドと各国の経済・農業関連省庁、商工会議所が連携をとっている。エスニック高級食材の輸出のみならずインディカ米(中・長粒米)の外食・中食、そして家庭調理市場へと。

日本農業の強さ――それは付加価値にあり 既にグローバルGAPを取得している農場・法人を中心として生鮮食材から加工食品までが業界のアライアンスを組み、きたる東京オリンピックを訪日観光客ピークのタイミングと捉え日本国内市場のみならず海外展開への食の一大イベントのチャンスと考えている。
 戦略はフードコート型出店と単独レストランフランチャイズの展開、既に東南アジア日本人観光訪問客対象の市場調査が昨年よりなされている。

  ※  ※  ※

 一方日本はようやく日本米輸出担当部局が霞ヶ関に発足。ここでとんでもない誤解が生じている。
 輸出の障壁をコストと考えている一部議員とフォローせざるを得ない農林水産省、しかしその実態は非関税障壁である。なぜ日本の米を燻蒸しなければ中国は玄米を輸入させないのか? 理由は中国が環境汚染からくる自国産の米に対する消費者の安全性への不安が増すことへの懸念である。
 昨年から本物のアジアへの日本食チェーン店出店が多くなりアジア全域で本物志向へのニーズが増してきた。日本の農産物輸出戦略の優先順位を「まず隗より始めよ」になぞらえ「まず米より始めよ」、安全な食材・食を求める日本産米を求める顧客がいる中国市場へそして新たな食文化として日本食を捉える東南アジアへ。
 コスト競争力ではない付加価値それは日本農業の強さ、安全性への意識。グローバルGAPの様な国際認証を持つ日本産農産物。何を消極的になる必要があるのか。
 攻めの農業とはそういう意味と解釈する。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ