コラム 詳細

コラム:目明き千人

【原田 康】

2017.07.20 
建売並みの安倍邸の改造一覧へ

 一強を誇る安倍邸も自然災害ではなく人災に遭い改造をしないと持たなくなった。大黒柱が傷みこれを支える柱も傷んでいるのにこれらはそのままにして外壁だけ色を塗り替えた。遠くから見ると新築のように見えるが近くでよく見ると震度4くらいで危ない。
 内閣の改造もこの程度の内容で、大黒柱と回りの柱を全部取り替え土台もコンクリと鉄筋の張替が必要なのに外壁と屋根の瓦の傷んだのだけ取り換えた。
 どの程度の改造がよいか、お得意の「首脳会談」でトランプ大統領に電話で相談した結果であろう。同盟関係が何より大切だ。
 ネズミの様な動物でも沈みかかった船から逃げ出すと言われている。高等教育を受け選挙で選ばれた優れた知性のヒトは、自分の乗っている船が難破船であることに気が付いても1等船室の取り合いをしている。バッジの威力だ。
 この船が遊覧船であれば構わないが日本丸であるから他人ごとではない。
2012年12月からの第二次安倍内閣の政策で農業と、それを支えている農家にとって役に立つ政策がこれほど少ない内閣も珍しい。農業という産業は日本の狭い国土の約16%の農地と大雨や台風等の自然を相手に農家が国土を守り食料を確保している。株式会社にして、IT技術を駆使し近代的な経営法を取り入れれば高品質で価格も安い農産物を世界のマーケットに輸出が出来る農業となる。生産性の低い家族農業から近代的な大規模農業経営にすれば土地や気候の制約を克服できる。将棋でもコンピューターが名人に勝つ時代となった。豪雨や台風の雨雲を日本から遠くに動かすことが出来る時代になる。この程度の認識だ。
 安倍邸の改造も外壁だけを塗り替えるのではなく、一度更地にして土台からの改造が必要である。もちろん住む人も代ってもらう。次の選挙で答えを出そう。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ