肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.12.09 
【流行に注意】 青森・新潟の鳥インフル 韓国や国内野鳥と同一由来一覧へ

 農研機構動物衛生研究部門は12月8日、青森県と新潟県で発生した高病原性鳥インフルエンザの全ゲノム配列を解読。今回の発生をもたらしたH5N6亜型ウイルスは、韓国や11月に鹿児島県出水市のナベヅルのねぐらの水から分離したウイルスと99%を超える相同性が確認され、同一由来であると推定されている。

 同部門研究担当者の西藤岳彦氏は今回の発表を「国内にいる野鳥がウイルスを運び、青森県や新潟県の農場に入ったということが遺伝子レベルで確認されたということ」と説明。さらには例年よりも発生が多いため「家きん農家の方は神経をとがらせる必要がある」と指摘した。
 2010~11年冬の間に死亡野鳥から分離されたウイルスの数は60件前後だが、今年は11月と12月で、すでに50件前後まで発生している。「野鳥なので全国で高病原性鳥インフルエンザの発生の危険性があるといえる」と警告する。
 このウイルスが直接人に感染する可能性は低いとされているが、家きんに感染すると高い確率で死に至る。
 同氏は「農家の方は、野鳥だけでなく、それらの糞便も農場の中に入り込まないよう注意を払う必要がある」と話した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ