農政 ニュース詳細

2017.03.15 
「備えの種をまこう。」‐NOSAI一覧へ

70周年キャッチフレーズ決定

 全国農業共済協会は3月14日、NOSAI制度70周年キャッチフレーズを発表した。

 同協会は、農業共済制度が今年12月に施行70周年を迎えることから、農業経営のセーフティネットとして一層の機能発揮をめざすNOSAIを広くアピールするキャッチフレーズを公募した。
 募集期間は平成28年11月10日から今年1月末まで。応募総数は3200点だった。
 選考の結果、最優秀賞(1点)には「備えの種をまこう。」(城戸彩香さん・東京都豊島区)が選ばれた。
 優秀賞(2点)は「育ち、育て、育つ。」(高瀬遼さん・北海道旭川市)、「農業に、助け愛+支え愛」(平松泰輔さん・北海道札幌市)。
 選考委員会によると選考基準は「農業災害対策の基幹的制度としての役割に加え、新たな時代に適切に対応して役割を果たす姿勢をイメージできる」こと。同協会は新たなに創設が予定されている収入保険制度の事業主体にも位置づけられている。
 最優秀賞の「備えの種をまこう。」は、リスクに対する備えの大切さを「種をまこう。」との呼びかけで訴えるとともに、NOSAI制度と収入保険制度の両輪で「備えあれば憂いなし」の生産体制構築をめざすNOSAIの姿勢とも一致しているとして選ばれたという。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ