左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【森島 賢・正義派の農政論】シラケの参院選2019年6月24日

一覧へ

【森島 賢】

 参院選が1と月後だというのに、選挙の争点が定まらない。
 党首討論が19日に行われ、注目されたが、多くの国民はシラケて聞いていたようだ。
 党首討論で、野党が大きく取り上げた問題は、2000万円問題、つまり老後に2000万円の貯金がないと普通の暮らしができない、という審議会の報告書についての問題である。
 野党の攻撃の焦点は、2000万円ではなく3500万円だ、とか担当大臣が報告書を受け取らなかったことへの批判だった。
 だが、国民が聞きたかったことは、2000万円かどうか、ではない。審議会の報告を尊重するかどうか、でもない。そんなことではない。
 国民が野党に聞きたかったことは、1と月後の参院選で野党が勝ち、安倍一強政権が瓦解し、野党が政権を奪取したら、いまの政治を、どんな政治に変えるのかである。
 2000万円問題についていえば、審議会の有識者が指摘する事実を真正面から見据え、貯金がゼロの経済的弱者たちも、老後に普通の暮らしができるような政治に、野党が改めるのかどうかである。

 なぜ野党は、国民の心を揺さぶるような追及ができなかったのか。それは、国民が悲痛な状況のなかで発する悲鳴のような声に耳を傾け、それに基づいていないからである。
 その3日前の16日には、香港で200万人のデモがあり国会を取り巻いた。香港の人口は748万人だから、人口の27%が、このデモに参加したことになる。
 これと比べて日本はどうか。2000万円問題で、どこかでデモがあったか。報道をみるかぎり、そうしたデモはなかった。

 

 

 2000万円問題も重要だが、多くの国民は、それよりも緊急で重要な政治課題がある、と考えている。それは何か。野党の幹部たちは分かっていない。分かろうともしない。そうして、国民から遠い国会の中だけで、シラケた議論をしている。
 このように、党首討論を聞いていると、参院選を直前にした野党の政権批判が、いかに国民から遊離しているかが、象徴的に分かる。国民から遊離したままで、まばらな観客のなかで、一人芝居をしているようにしか見えない。
 このままでは、参院選に勝てないだろう。その結果、弱者たちの苦難が続く。

 

 

 ここで想起したいのは、10年前の総選挙である。野党の民主党は主な公約として農業者戸別所得補償制度の創設を掲げ、それを選挙の主要な争点にした。それが農村で喝采を浴びて選挙に勝ち、政権を奪取した。
 それまでの与党の自民党は、大規模農家だけを農政の対象にしていた。大規模農家だけを「意欲ある農家」とか「農家らしい農家」などといって、手厚く優遇していた。そうして、農家の大多数を占める、兼業農家や高齢農家を冷遇し、侮蔑していた。
 これを、野党の民主党が激しく批判した。そうして、「規模の大小を問わず」、また、「年齢の如何を問わず」、食糧自給率の向上に少しでも貢献する農家は、全て農政の対象にするといって、自民党農政を真っ向から否定する新しい農政を公約した。
 この政策が、「意欲のない農家」と軽蔑され、また、「農家らしくない農家」と蔑視されていた大多数の農家の熱烈な支持を得て、それが原動力になって、政権交代を果たした。そうして、大多数の農家が、積年の鬱憤を晴らした。

 

 

 ひるがえって、いまの主要な野党をみると、こうした意気込みがない。政権を奪取しようとする熱気がない。いまの政治を根本的に改めようとする気がない。そうして、一部のマスコミに受けようとして、根なし草のように軽薄な政府批判を、くりかえしている。
 これでは、国民を苦しめているいまの政治の何を、野党は批判し改めようとしているのか、国民は理解できない。
 いまの主要な野党は、国民に、ことにその大多数を占める弱者に目を向けていないのではないか。私利私略、党利党略だけを考えているのではないか。
 それゆえ、つぎの選挙で落選するかもしれないから、内閣不信任案さえ提出できないで、無様に右往左往している。

 

 

 今からでもおそくない。野党は、弱者を苦しめている現政権を、その根元から批判し、それを改めるには1と月後の参院選で勝ち、現政権を倒すしかないことを、国民に示さねばならない。
 そうして、倒した後の現野党の政権が、どんな政治を行うのかを示し、国民に支持を求めねばならない。
(2019.06.24)

(前回 米中体制間抗争のもう1つの争点

(前々回 立憲党消滅の危機

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る