コラム 詳細

コラム:ムラの角から

【坂本進一郎】

2019.06.26 
【坂本進一郎・ムラの角から】第13回 属州の役目をするアメリカ一覧へ

(1)ローマ帝国の農業は三者三様

 マックスウエーバーは自著『古代文化没落論』の劈頭、「ローマ帝国は外から滅ぼされたのではありません」と筆を起こした。この本のテーマは、古代奴隷制がいかにして潰れていったのかということを明らかにすることである。
 古代ローマ帝国は、奴隷制の上になり立っていた。ローマは帝国は、周辺諸国と戦争をし、貴族は勝つと戦利品として奴隷を手中に収めたのである。しかし、貴族は商売を禁じられていたので、土地に投資し大規模農場(ラティフンジューム)を直営した。その農場の働き手は奴隷であった。ローマ帝国が周辺都市国家と戦争をし、勝利している間は奴隷の供給は潤沢であった。その結果奴隷制は恙(つつが)なく行われた。ただ奴隷は畑作とは関係のない立場にある。彼らは親方(貴族)にムチ打たれた時だけ働き、親方がいないときはさぼる。とうぜん適期作業は不可能である。奴隷農業は非生産的である。
 だが戦争がなくなると、奴隷の供給は途絶える。しかもヨーロッパ内部にローマ帝国が進出していくと帝国の重心はヨーロッパ内部に移っていく。するとますます奴隷の調達は難しくなる。この結果奴隷制は消滅してしまう。
 この奴隷制崩壊は、マックスウエーバーによれば古代社会を巻き込んでの出来事だったので画期的であったという。これまでの奴隷は無所有、無権利であったが身分は不自由ではあったが、徐々に賦役農民に上昇していった。この画期的事件をマックスウエーバーは「家庭」と「財産」が奴隷に返還されたと表現している。もちろんこの話はマックスウエバーの大胆な構図であろう。
 一方戦争に駆り出された自由農民のコロヌスは零落して隷属農民になった。彼らは貴族がコロッセウムで楽しんでいるとき、ルンペンプロレタリアートになって刹那を楽しんでいたのである。だがコロヌスは自由農民として適期作業をこなしたので、ルンペンプロレタリア化はローマ帝国の農業にとって大打撃だ。
 ところでローマにいくとコロッセウム脇の道路を車がひっきりなしに行き来している。わたくしもこの道路を何度も行き来した。行き来するうちふっと気が付いたことがある。このコロッセウムを挟んだ空間の距離は馬車の通行に都合のいい距離のようだ。ローマの元老が馬か馬車に乗って隣人を訪ねるのにいい距離なのだろう。そう気が付いた。それならわが奈良の明日香はどうか。ここも馬の距離なのかもしれないと思ってしまう。

(2)属州まがいのアメリカ

 属州とはローマ本国以外のローマ領、つまり植民地のことである。逆に言うとローマ帝国は外地との戦争に勝利すると莫大な戦利品が貴族の元に流れ込んだことを意味する。地図を広げると属州は何十とある。つまり、属州は貴族にとって戦利品の山を手中にしたことを意味する。そして戦争に駆り出されたのはコロヌスであった。彼らはあまりにたびたびの戦争に引っ張り出され、満足に農場を管理できなくて、農地を貴族に寄進したり売却したりして小作人や職業軍人になるものも現れた。ラティフンジュームの非生産性を考えると、これは食糧生産の放棄であった。
 そのほかにも属州からは税金の替りとか様々な形で、農産物が流れこんだ。属州の安い農産物が流通するとローマ生産の農産物価格が下がった。そこでコロヌスはじめラティフンジュームまで、穀類は採算が合わないのでブドウ、オリーブ、果樹の換金植物に変えていく。
 この経緯は1965年の農産物自由化以降の日本国内の動きに似ている。その点で、1993年のコメ自由化は決定的であった。それ以前にも私も経験したことだが大豆、小麦、大麦の穀物類は採算が合わず放棄された。その代わり作られたのがイチゴなどのハウスものであった。1993年の自由化決定は農業の放棄を内外に宣伝したようなものであった。今後はイチゴなどのハウスものに転換せよと言っているようなものだからである。
 しかも農産物の自由化には、それが「善」と信じるアメリカの「押し売り貿易」があった。アメリカの自由化の圧力による自由化で、日本国内の農産物価格が下がり、イチゴなどのハウスものに転換したのはローマの末期に似ている。アメリカの「押し売り貿易?」は「属州」の役目を果たしたといえよう。

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

坂本進一郎【ムラの角から】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ