コラム 詳細

コラム:グローバルとローカル:世界は今

【三石誠司 宮城大学教授】

2019.07.05 
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(138)米国の農産物「輸入」:半分が園芸品?一覧へ

 日本が大量の農産物を輸入しているからか、あるいは米国が大量の農産物を輸出しているからなのか、米国と言えば農産物の「輸出」大国であり、「輸入」大国である面は余り注目されていない。2018年の金額ベースで見た場合、米国は1396億ドルの農産物を「輸出」しているが、同時に1288億ドルの農産物を「輸入」している。少なくとも金額ベースで見る限り、米国は農産物「輸入」大国でもある。

 一般的に米国の農産物輸出と言えば、穀物・油糧種子が中心である。中でも大豆とトウモロコシの2品目は単一品目としては米国の農産物輸出金額で第1位と第2位にある。
 これに対し、米国の農産物輸入について言及した論稿は比較的少ない。実は輸入総額1288億ドルの50%、644億ドルは園芸品(Horticultural Products)である。この内容を少し詳しく見てみよう。
 米国農務省の統計では園芸品を「果樹及びその調整品」「野菜及びその調整品」「ナッツ類及びその調整品」、そして「その他園芸品」という4つに分類している。2018年の園芸品輸入金額は以下のとおりである。
 
 果樹及びその調整品 190 億ドル
 野菜及びその調整品 139 億ドル
 ナッツ類及びその調整品 34 億ドル
 その他園芸品 281 億ドル
 園芸品合計          644億ドル
 
 さて、参考までに、2018年の農産物「輸出」における単品の最大金額は大豆の171億ドルであり、次がトウモロコシの125億ドルであることを踏まえた上で、以下を読んで頂きたい。
 農産物の輸出入統計は親切なようで意外に不親切なところもあるが、米国農務省の統計は極めて良い。少なくとも現在ではインターネット上で様々な数字を確認できる。
 それでも、検索を進めると金額が最大の「その他(other)園芸品」281億ドルのうち、最大項目は「雑多な(miscellaneous)園芸品」152億ドルという何とも言えない結果に遭遇する。これは、どこかで聞いたような話だが、「その他」の中のまた「その他」のようなものである。
 ただし、興味深い点は、第2位と第3位に、「ワイン及びワイン製品」65億ドルと、「エッセンシャル・オイル」43億ドル、があることだ。ジャガイモを除く生鮮野菜も82億ドルと大きいが、これは複数野菜の合計である。また、「その他生鮮果樹」91億ドルとあるが、これも複数品目の合計である。

 こうして見ると、現在の米国の農産物輸入における最大のものは生鮮果樹や生鮮野菜であるとはいうものの、目につきやすい個別品目に落とし込んだ場合には「ワイン及びワイン製品」や「エッセンシャル・オイル」になることがわかる。なお、今回は時間がかかる生鮮野菜や生鮮果樹の個別品目別統計のより詳細な検索は実施していない。
 
 いかにも米国らしい(?)点としては、65億ドルの「ワイン及びワイン製品」輸入のうち、フランス、イタリアからの輸入が各々21億ドル相当と最も多い点である。ワインはやはり、フランスかイタリアということであろう。これに続くのは、金額は随分少なくなるがニュージーランドとスペインの各4億ドル、そしてオーストラリアの3.6億ドルである。以下、アルゼンチン、チリ、ポルトガル、ドイツと続き、ここまでが1億ドル水準である。
 これらの後にようやくカナダと日本が登場する。第11位の日本からの輸入金額は6352万ドルである。内訳においてワインと日本酒がどうなっているのかはもう少し内容を確認してみないと不明だが、先に上げた国々を見ると、日本産はかなり健闘していると思う。
 
 かつて、「米国は穀物と食肉を輸出してワインを輸入している」と言われたことがあったが、その意味では今でも傾向は変わっていないのかもしれない。下の表は、米国農務省のホームページに紹介されていたものである。過去20年にわたる米国の農産物輸入」の中で園芸品、つまり緑の部分がいかに拡大しているかがわかる。それにしても、農産物輸入の対象としてワインは思い浮かんでも、それを園芸品のカテゴリーに結びつけるのは意外と大変なのではないだろうか。

U.S.agricultural imports,2000-18

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

三石誠司・宮城大学教授のコラム【グローバルとローカル:世界は今】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ