コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島賢】

2020.02.10 
【森島 賢・正義派の農政論】国民と野党の間のネジレ一覧へ

 国会審議を聞いていると、野党は政府の不正疑惑を追及することが、いまの政治の最重要課題と考えているようだ。だから、そのことに多くの力を注ぎ、長い審議時間を使っている。
 しかし、報道各社の世論調査をみると、政府、与党の支持率は下がらないし、野党の支持率は上がらない。その理由は、世論調査が示すように、国民が野党の政府追及を、いまの政治の最重要課題と考えていないからである。
 国民は、もっと他に、やることがある、と考えている。つまり、政治の最重要課題について、国民と野党の間にネジレがある。

 野党が政府を追及する目的は何か。不正のない清廉潔白な政府にさえなればいいのか。いまの政府の政策を清廉潔白に行えばいいのか。そうではあるまい。
 そうではなく、政府の政策の中身こそが問題である。それを議論し、正すことが最重要な政治課題だ、と国民は考えている。つまり、政府が作った格差社会に中にあって、弱者は医療、福祉問題で苦悩しているし、経済、財政、外交問題で弱者は犠牲になっている。これらのことが、国会で議論し、政府を追及すべき重要問題だ、と弱者は考えている。
 このように、政治の重要問題について、国民と野党の間に深刻なネジレがある。だから、野党の支持率は上がらない。このネジレを戻すのは、もちろん野党である。
 立憲も国民も、それぞれ党の名前中に「民主」が入っている。だから、それぞれが民主的な政治家の集まりなのだろう。そうだとすれば、野党は、このネジレを真摯に反省すべきである。そして、ネジレを戻す責任は、野党の側にある。




 本稿は、報道各社の世論調査を根拠にしているが、それを全面的に肯定しているわけではない。しかし、野党の支持率が上がっていないのは事実だろう。
 では、野党の支持率は、どれほどか。それらの世論調査によれば、野党第1党の立憲の支持率は7-8%しかない。これが事実とは、とうてい思えない。
 では、野党の支持率は、事実としてどれ程か。それは野党も知らない。そうして、世論調査の結果には、一喜一憂しない、とうそぶいている。
 その意味は、世論の動向に一喜一憂しない、という意味ではあるまい。各社の世論調査は不正確で、世論の動向を忠実に表していない、という意味だろう。
 政治家は、世論の動向には一喜一憂しなければならない。
 野党は世論の動向にもっと敏感でなければならない。そのためには、野党は、もっと弱者の政治要求を真剣に聞き、的確にとらえて、それに応えねばならない。




 世論の動向に一喜一憂するというなら、そのために最初になすべきことは、世論の動向を正確に認識することである。ことに、党の政治戦術が世論に対してどのように影響を与えているかを、正確に認識し、その理由を徹底的に分析することである。そうすれば、いま行っている政府の不正疑惑の追及が、国民の支持率を上げていない理由が分かるだろう。
 そのことを正確に認識するには、党独自で、正確かつ忠実な世論調査を行えばいい。それは、大規模な統計調査でなくてもいい。政治家が国民と向き合って、その政治要求を直接に聞けばいい。
 そうして、党の国会議論などの政治活動が、国民の政治要求に応えているか否かを、たえず検討し、党の政治活動を点検し修正することが、何より重要である。

 最後に言っておこう。国民の大多数を占める弱者は、野党の離合集散などという、弱者を疎外した、党利党略、私利私略にまみれた、そして、宮廷革命まがいの騒動に関心はない
(2020.02.10)


(前回  国会の劇場化

(前々回 農業の可能性を摘み取る政治


(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ