Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【森島 賢・正義派の農政論】【追悼】今村さんよ、逝くのは早すぎなかったか2020年3月2日

一覧へ

【森島賢】

今村奈良臣先生2(写真:今村 奈良臣 氏 2019年7月)


 畏友の今村奈良臣さんが急逝した。すこし早すぎはしなかったか。本人もそう思っているに違いない。85歳というのだから、今どき早すぎる。お子様たちもそう思っているだろう。ご遺族のお嘆きは如何ばかりか、とお察し申し上げます。

 彼の逝去を聞いて、これまでの彼との長い交友の場面が、私の中を走馬灯のように駆けめぐっている。それが今日で急に打ち切られることになった。そして、永い別れを告げることになった。もう続きはない。この深い寂寥感を癒すすべを私は知らない。

◇     ◇

 今村さんとの付き合いは、長いものだった。
 彼と初めて会ったのは、大学院へ一緒に入ったときだった。それ以来の付き合いだったから、60年を超える長い付き合いだった。長かったようで、しかし短かったようでもある。まだまだ、彼と話したかったことが山ほどある。

 彼とは共に田舎の出身ということで、妙に気が合うところがあった。だから、ツーといえばカーで、何をいっても誤解される心配のない気楽な友人だった。

◇     ◇

 彼は学生のときからガキ大将だった。ガキ大将の条件は、力が強く、気も強いというだけではない。彼は空手の達人だったから、腕力も胆力もあった。しかし、それだけではない。皆から心服されることがガキ大将の必須条件で、この条件を彼は持っていた。それは生まれながらの資質だったかもしれない。あるいは、彼が長男で普段から威張っていたからかもしれない。

 それを如実に発揮したのは、もう時効になるだろうが、大学院生だった時のことである。奨学金を皆で分け合うことにして、それを中心になってやり遂げたのが、ガキ大将の彼だった。

◇     ◇

 もう1つ時効にしたい話がある。それは、逸見謙三講座が新しい助教授を採用するときのことである。当時、助教授だった今村さんが、助教授の総意だといって、新しい助教授を推薦した。

 こんなことをしたら、逸見さんでなくても「助教授の分際で、人事に口出しをするとは何事か」といって一喝しただろう。だが、今村さんはとうとう説得してしまった。(新しく助教授になったのは、実は私だったのだが。)

◇     ◇

 時効すれすれの秘話は、これくらいにしよう。
 いま農業界では「6次産業」が取りざたされていて、その意味を知らない人は、農業界にはいない。その意味は、農村の主要な産業である1次産業に、2次産業と3次産業を取り入れて、合わせて6次産業に脱皮すべし、というものである。

 6は1足す2足す3ではなくて、1掛ける2掛ける3だ、というもので、教祖が言うような、神学的解説をした。どれがゼロになっても、全体がゼロになってしまう、という解説である。

 これを言い出したのが今村さんであることを知っている人は、それほど多くはない。本人もそのことを言わなかった。男の美学だったのだろう。

 この言葉、いや概念だけではない。彼には、新しい概念を創り出すことに、他の人には真似のできない特別な才能があった。これは天賦の才能、というだけではない。彼の思考の深さを示すものである。

◇     ◇

 もう1つの秘話がある。
 今村さんは、以前から叙勲は辞退すると言っていた。天皇のために何事も行っていないから勲章を贈られる筋合いはない、と言っていた。これは彼の思想の根底にある社会観から出てきた考えである。

 このことを知らない人は少なくない。彼らは今村さんの思想を皮相的にしか知らなかったことになるが、どうだろうか。

 そして、このことは、恩師の近藤康男先生の思想を、忠実に受け継いだものである。先生も叙勲を辞退した。

◇     ◇

 今村さんが最も尊敬していた人は、この近藤先生だったようだ。彼は先生に倣って、理論に裏付けられた、そして徹底的な現場主義の研究者だった。

 今村さんは、いくつかの農民塾の塾長を引き受けていた。塾生と車座になって夜更けまで議論していたようだ。農村には彼の信者ともいえる人が多い。

 彼は、現地調査を終えると、必ず先生に報告していたらしい。また、農民塾から帰ると、必ず先生に農民塾の様子を話していたようだ。先生は、にこにこ聞いていたという。

◇     ◇

 近藤先生は、106歳の長寿で逝去するまで、現役で現場主義の研究者だった。今村さんも生涯現役で現場主義の研究者だった。しかし、長寿だったとはいえない。この点では先生に倣うことをしなかった。

 この点は、来世で先生から叱られるに違いない。私たちは、せいぜい同情するしかない。そして、ご冥福を祈るしかない。まことに残念なことである。(2020.02.28)


(前回  新型肺炎が招く医療崩壊の危機

(前々回 政治にAIを利用せよ


(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る