左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

家族農業は自宅が生産の職場【原田 康・目明き千人】2020年5月27日

一覧へ

コロナウイルス騒動で自宅勤務、テレワークとなった人達は仕事の面も日常生活でも様々な問題に頭を悩ませている。このような中で「家族農業」が改めて評価をされる。職場は自宅の周りで、自然や動物を相手にコメ、野菜、果実、花、畜産物を生産するという職業である。時間に縛られず、他人に指図をされず、天候と作物の生育状況、牛、豚、鶏の顔を見ながら働く時間と仕事を自分で決めることが出来る。お客さんの顔色をうかがうことが不要な職業である。

食糧の生産という、社会の安定に最も必要な職業であることを緊急事態による営業の自粛という中で改めて認識をした。同じ農業経営でも大規模農場は、資金を借りて農地を増やし、大型の農機、施設、実際の農作業は人を雇うことなどコストがかかり、緊急事態で安い労働力の外国人労働者は入国が禁止された。折角一年をかけて育てても収穫が出来ない事態となった。経営のリスクは一般の企業と同じである。

農業の生産性を上げて国際競争に負けないためには規模の拡大が必要ではあるが、日本の国土面積、四季のある自然条件、地域社会などの特徴から家族農業の再評価となる。

サラリーマンが典型であるが、1-2時間かけて満員電車で通勤をしているのは好き好んでやっているわけではない。どのような職種、大企業も中・小企業も厳しい競争、国内だけでなく世界中の同業者が競争相手である。この競争に勝つために関連する企業の連携と、職場でのチームワークの仕事で支えているのだ。厳しい労働条件となる。

在宅勤務は本人だけが家にいるのではなく、保育園、小・中・高も休みとなり、その上共稼ぎであればそれぞれのこれまでの通常の家庭生活が成り立たなくなる。旦那は定年を待たずに粗大ごみとなる。

緊急事態による営業の自粛要請の中でもこれまでどおり大人も子供も家族全員で仕事を分担して野菜や果実を栽培、家畜を育て収穫をする。マイペースの生産活動、日常生活が出来る。他から見ればうらやましい職業である。


本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

原田康 氏のコラム【目明き千人】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る