左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

信頼できる情報を自分で見分ける【消費者の目・花ちゃん】2020年5月28日

一覧へ

【花ちゃん】

子供の頃、マスクが本当に嫌いでした。長く着けているとゴム紐があたっている耳の付け根が痛くなりますし、ガーゼが湿ってくる感じが不快で、すぐに外していました。今のマスクは通気性が良く、昔よりは長く着けていられるとはいうものの、新型コロナウイルスの感染防止のためにマスクを長時間着用しなければならないことにストレスを感じています。

花粉症の友人に話を聞くと、マスクをすると明らかに花粉症の症状が軽減されるのでマスクを着けることはそれほど嫌ではないと言っていました。明らかな効用(ベネフィット)が感じられれば、人は多少の不便さを受け入れることができるようです。新型コロナウイルスへの感染リスクを多少は減らせるかもしれないということが、不愉快なマスク着用を我慢する私の原動力です。

しかし、人の危機に対する感覚は独特で、不可思議さを抱えています。タバコの発がん性については、商品に明記されている通り疑いの余地はありませんが、未だに喫煙者はゼロにはなっていません。喫煙に何らかの効用(ベネフィット)を感じる人はリスクには目をつぶりがちです。私の父もそうでした。禁煙をすすめると、父は決まってこう言いました。「タバコを吸うのを止めたらストレスで死んでしまうたい。」

人は未知のもの、自分に起きると感じるもの、子供に関係することなどに不安を感じやすいという研究結果があります。マスコミはそれを利用してニュース価値を高めようとします。実際以上にリスクを感じてしまうなど誤った方向に行かないように注意が必要です。リスクを正しく評価して正しく行動できるように、一人ひとりが自分の頭で考え、信頼できる情報を見分ける必要があります。



本コラムの一覧は下記リンクからご覧いただけます。
【花ちゃん・消費者の目】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る