Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

栃木県がコロナの本格的な調査を始めた【森島 賢・正義派の農政論】2021年3月1日

一覧へ

栃木県が、先週の22日からコロナの本格的な疫学調査を始めた。
栃木県は、東京からやや離れてはいるものの、1月にコロナの大波が襲ってきた。そして、緊急事態が宣言された。その後、感染は、やや収まってきた。しかし、まだまだ安心できない。

こうした中で、県はつぎの大波の襲来を警戒している。それをできるだけ早く察知して抑えよう、という目的でこんどの疫学調査を始めた。

政府も、遅まきではあるが、支援している。

非専門家で、高校の知識しかない筆者ではあるが、近郊農村である栃木の、この調査について考えてみよう。

栃木県の新規コロナ感染者数

上の図は、栃木県のコロナの新規感染者数を、感染の当初から昨日まで、日ごとに示した図である。資料はNHKだが、原資料は厚労省傘下の機関のものなので、これが実態を忠実に示しているかどうか、その信憑性には重大な疑問がある。しかし、この図から推定できることがある。

それは、第3波が第1波や第2波と比べて格段に大きな波になっていることである。栃木県の危機感は、ここにあるのだろう。

いったい、この波は、いつ収まるのか、ワクチンが、いつ国民に行きわたるのか、変異種のコロナなどによる、つぎの第4波が襲ってくるのか、そういう危惧があるのだろう。

この危機はどれ程のものか。そして、いつ来て、いつ終息するか。

それには、感染の実態を科学的に正確に知っておかねばならない。それに基づいて、科学に裏打ちされた対策を立て、実行しなければならない。

それは、本来は政府が行うべきことだ。しかし、行っていない。そこで、県が主導して行おうというのである。

そこで、まず初めに実態を正確に把握しようというのが、この疫学調査の目的である。そうして、なるべく早くコロナを終息させ、また、なるべく早く第4波の襲来を察知して、対策を立てようというのである。

このように考えると、調査の具体的な目的は明らかである。それは、

第1に、現在、感染源になり得る人が、栃木に何人いるか。これを、こんどのPCR調査という抗原調査の主な目的にしている。抗原調査で抗原、つまりコロナウィルスを持っている人は、感染源になり得る。その人が何人いるか。

第2に、現在、被感染者になり得る人が、栃木に何人いるか。つまり、抗体調査を行って、コロナウィルスに抵抗できる抗体を持っていて、コロナに対する免疫力を持っている人が何人いるか、という調査である。抗体を持っていない人は、今後、被感染者になり得る。

さて、この栃木の検査は、どのように行われているか。

対象は宇都宮市で、市内の学校で300人、市街地で300人である。22、24、25日の3日間に、唾液によるPCR検査のキットを渡し、郵送してもらって検査する、というものである。

このように小規模の検査ではあるが、対象を無症状の人を含め、無作為に選んだという点で、初めての検査である。無作為だから、全体像を描くことができる、という点を高く評価したい。

改善すべき点がないわけではない。だからといって、評価を低めるつもりはない。

だが、今後のために指摘したいことがある。
1.今後、1週間ごとに検査を行い、感染拡大を早期に予知すること。そうすれば、同時に、感染の動態が明らかになる。

2.被験者抽出の無作為性を改良して、推計の精度を高めること。同時に、検査数を増やすこと。

3.抗体検査も、あわせて行い、自然感染を含めて、既に感染して抗体を持っている人が何人いるか、を調査すること。これは、近く行われる、身体内に抗体を作るためのワクチン接種の評価にもなる。つまり、ワクチンが目指す集団免疫の達成度が分かる。同時にゲノム解析を行えば、変異型のコロナかどうかも分かるし、感染経路も推定できるだろう。

栃木のこの検査を、政府も無視できないようだ。

政府は、こうした検査を当初から行って、感染の実態を科学的に調査し、科学的な対策を作って実行すべきだった。しかし、それを徹底的に拒否して、非科学的で無責任な対策を行ってきた。その結果が、いまの惨憺としたコロナ禍である。

栃木は県民のため、全国に先がけて、そこに大きな穴を開けた。この先駆的な調査は、全国が注目している。そして、多くの国民が、詳細な調査結果の公表を待ち望んでいる。

(2021.03.01)

(前回  農村と都市のコロナ

(前々回 医療体制の解体的再編を


(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る