人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

日本はアジアの一員【原田 康・目明き千人】2023年9月2日

一覧へ

アジアは世界のどの様な位置にあるか。

北側はロシアのシベリア、東側は中近東からヨーロッパ、西側は太平洋を経てアメリカ、カナダ、南側はインド洋でその下はオセアニアでオーストラリアに囲まれている。

アジアの構成国は少し煩わしいが全部の国名を知る機会が少ないので念のため列挙した。

インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオスの21カ国に 北朝鮮、台湾、香港、マカオである。

宗教は日本では幸いなことに日常の生活に直接宗教が絡んだゴタゴタは起きていないがこの様な国は例外である。アジアの各国は仏教,キリスト教(カソリック、プロタンテスト)、イスラム教、ヒンドゥー教等が日常の生活や社会の活動に直接影響を与えている。国政選挙にも民族、宗教の影響がある。

世界各国の経済力をGDPで見ると、世界第1位が米国、2位中国、3位日本、5位インド、12位韓国、17位インドネシア、21位台湾、28位タイ、34位マレーシア、37位シンガポール、38位フィリピン、39位ベトナムで上位40ヵ国の内アジアが11カ国を占めている。

日本がアジアの一員として仲良くやっていくためにはいくつかの問題がある。最も大きいのが1940年代の第二次世界大戦を起こした国としてアジアの各国に大きな損害をもたらしたことを忘れてはならない。

1945年の敗戦後の政治・経済の混乱、1970年~80年代の経済の高度成長期に上手に乗って経済力をつけた。

1970~80年代の日本の各分野、自動車、電機、製造業、農業、卸売業、小売業、の各企業が必死の努力をして日本の経済力が世界で認められるようになった。同じような状態にあるアジアの各国の参考となろう。

現在はAIの時代となった。このような技術は長い歴史の中で初めての登場だ。AIの技術を生活が豊かになるための道具として使いこなし、間違っても人間がAIに使われてはならない。

(原田 康)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る