人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

不思議の国ニッポン【消費者の目・花ちゃん】2023年12月16日

一覧へ

「日本の常識は世界の非常識」という言葉は言い得て妙です。例えば、日本人は時間に正確です。新幹線は数分間隔で東京駅を出発していますし、航空会社は定時運行率の高さをセールスポイントにしています。私は海外に住んだことはありませんが、出張先で乗った電車が出発時刻になっても動かないことはよくありました。

品質やリスクに対する考え方も海外と日本では大きく違っています。例えば、日本の顧客は良品率99・99%を求めます。海外は99%でいいじゃないかと考えます。99%を99・99%にするために10倍の時間をかけるくらいなら、多少値引きして買ってもらって、その時間を別のことに使った方が良いと考えるのです。

日本が未だにFAXを使っているというと、欧米人の同僚に笑われます。彼らは、日本人が手書きのFAXで注文を受けて、自社のシステムに手入力して受注しているとは夢にも思っていなかったのです。ネット通販が急成長しているのに、テレフォンショッピングも根強い人気です。河野デジタル相が苦労している理由も根っこは同じなのではないでしょうか。

日本の多くの倉庫では、未だに人の手で出荷作業をしています。もし、日本人が無断で休んだり、すぐに怠けたり、ミスが多かったら、そして時給がアメリカ並みに高かったら、倉庫はとっくの昔に自動化されていたかもしれません。安い給料でまじめに働くパート社員がいてくれたから、これまで自動化するための投資は必要がなかったのです。

10年後、職業の49%がAI(人工知能)に置き換えられるという研究結果があります。世界から見たら不思議の国ニッポンは、AIの発達でこの先どうなっているのでしょう。

(花ちゃん)

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る