想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

〔267〕飲めるご飯 JA北大阪(大阪府)

一覧へ

災害時の備えに

飲めるご飯飲めるご飯

災害で電気やガスが止まったとき、まず必要なのは水と食料。飲めるご飯はその二つを同時にかなえる非常食。米農家の所得アップを狙ったものだが、阪神淡路大震災や平成30年の大阪北部地震の際の体験も開発のきっかけになった。地元産の「ヒノヒカリ」を主原料に、小豆やハト麦を使用。子ども用、高齢者用、輸出用にココア風味、梅・こんぶ風味、シナモン風味の3種類がある。

内閣官房の「国土強靭化民間の取り組み事例集」でも取り上げられた。缶単位の販売が基本で1ケース(30缶入り)8424円、希望小売価格1缶280円(いずれも税込)。問い合わせはJA北大阪(電)06-6877-5140。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る