人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

スマート農業(すまーとのうぎょう)

一覧へ

ICT、ロボット技術などを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業。農水省は将来像として5つの方向を示している。(1)超省力・大規模生産の実現。GPS自動走行システムなどの導入により、ロボット化したトラクタやコンバイン、田植え機などが人の代わりに作業を行うことによって、規模拡大を支援。(2)センシング技術。人工衛星やドローンからほ場の状態を細かく調査して、たとえば土壌の肥沃度を調べ、それに応じた施肥を精密にすることで施肥量を減らし収量と品質も向上させることをめざす。(3)きつい作業や危険な作業からの解放。除草ロボット、アシストスーツの活用など。(4)誰もが取り組みやすい農業の実現。農機の自動操舵技術を活用し、経験が浅い人でも熟練者と同じように正確に作業ができるようにするなど。(5)クラウドシステムを活用し生産情報を消費者や実需者につないでいくことをめざす。このために農業データ連携基盤を構築、整備していく。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る