Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豊田浩二さん(山口)が優勝 フロントマン競技会2014年11月18日

一覧へ

JA共済自動車指定工場協力会(JARIC)全国フロントマン選抜技術競技会開催される。

 JA共済自動車指定工場協力会(JARIC)主催の第39回全国フロントマン選抜技術競技会が、11月14?15日に、JA共済幕張研修センターで開催された。

本島会長 この競技会には、JARICの各都道府県本部主催の選抜競技会で優秀な成績を修めたフロントマン24名が参加し、「フロント損傷車」「リア損傷車」の損傷個所の異なる2台の事故車両について、1台につき制限時間110分で損傷個所のチェックやパーツ交換の必要性、工賃選定などを見極め、損害修理見積書を作成し、その精度を競った。
リヤ見積り競技の様子 JARICの本島直幸会長は開会のあいさつで、最近の自動車業界の動向に触れ「今年の12月には、燃料電池自動車が市場に投入され、来年になると、トヨタ、日産、ホンダといった日本を代表する自動車メーカーが、燃料電池(車)を発売する。ハイブリッドに始まり、プラグインハイブリッド、電気自動車、それから燃料電池(水素)自動車が発売され、新しい話題に絶えず、非常にありがたい。我々にとっても、新しい技術の習得ができることになるので、若い人も含め、勉強してほしいし、会社(指定工場)としても新しい技術をしっかり習得していきたいと思う」と述べた。

(写真)
上:本島会長
下:リヤ見積り競技の様子

 最優秀賞などの表彰者は以下の通り(敬称略)。

○最優秀賞
豊田浩二豊田浩二(山口・東洋ボデー(株))(=写真右
○優秀賞
▽田中智(鳥取・田中自動車鈑金塗装)
▽菊池健太郎(福岡・(株)カードック田主丸)
▽米田和史(熊本・(株)清田自動車)
○敢闘賞
▽岩田直也(島根・(有)加茂自動車工業)
▽小西賢一(広島・(株)新和自動車)
▽城島勝彦(佐賀・(株)城島自動車)


(関連記事)

ES向上通じてCS向上 JA共済がセミナー(2014.11.11)

【対談 村上前副会長・伊藤前常務(後編)】大災害に協同の本領発揮 高齢化社会の世界モデルに(2014.10.10)

地域貢献活動紹介冊子を作成 JA共済連(2014.09.02)

【農業改革、その狙いと背景】農政・農協「改悪」の正体 鈴木宣弘・東京大学教授(2014.08.04)

改革を着実に実践 市村JA共済連新会長(2014.07.25)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る