左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

事業利益5.3億円 JA全国共済会2018年11月9日

一覧へ

 全国農林漁業団体共済会(JA全国共済会)は11月8日、平成30年度第4回理事会を開き、平成30年度上期決算を承認した。それによると、掛金収入は152億円で前年度並み、退職給付金支給額204億円、評価損益等調整前当期経常増減額(JAの事業利益に相当)は5億3000万円となった。給付金還元利率は「制度」が0.75%、「施設」が0.70%だった。

 決算報告によると、30年度上期におけるJAの加入率は94.2%(前年度同期94.1%)で、「制度」・「施設」100%加入は28県で前年と同じ。新規加入者は5841人(同5478人)、退職者は5484人(同5361人)だった。なお総資産額は5296億円(同5361億円)となった。

 

(関連記事)
【人事異動】会長に中西JA徳島中央会会長-JA全国共済会(18.07.20)
JA加入率94.1%-JA全国共済会(18.06.08)
給付還元0.75%(制度)、0.70%(施設)に JA全国共済会(18.03.09)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る